よろず支援拠点とは

よろず支援拠点とは、経済産業省が平成26年度から各都道府県に1ヶ所ずつ、
地域の商工会議所・商工会、金融機関、大学等の支援機関と連携しながら、小規模事業者・中小企業が
抱える様々な経営相談に対応するため、国からの委託を受けて、設置されている公的相談窓口です。

宮城県よろず支援拠点の3つの「使命」と「支援」

使命
  • 1販路拡大につながる経営相談によって「行列のできる拠点」に
  • 2すべての経営課題に応える
  • 3支援人材・専門家、支援機関を「つなぐ」(フォロー&フィードバック)
支援
  • 1総合的・先進的アドバイス(売上拡大、経営改善、被災地支援)
  • 2支援チーム等編成支援(複数の支援機関との調整機能)
  • 3ワンストップサービス(支援機関との接点がない事業者の窓口)

サービスの対象

経営上の課題を持たれている中小・小規模事業者様・個人事業者様
創業・起業を考えられてる個人様

ご支援の流れ

1. 総合的・先進的アドバイスの実施中小企業・小規模事業者の課題を分析し、取り組むべき解決策や事業の方向性を提示するとともに、
継続的にフォローアップを実施します。
中小企業・小規模事業者様が抱える「資金繰り」「経営改善」「現場改善」「販路拡販」等あらゆる
お悩みに、連携支援機関などの支援機関や弁護士、税理士、中小企業診断士等の専門家と連携し、
本質的な課題の抽出・整理を行い、解消に向けた適切なアドバイスを行います。

2. 支援チームを編成よろず支援拠点が、中小企業・小規模事業者の課題に応じた適切な支援チームを編成します。
チーム編成のため、複数の支援機関、公的機関や専門機関(大学、中小企業診断士会等)と
チーム編成を主導します。

3. 適切な機関につなぐ「ワンストップサービス」コーディネーター等を中心に、常設による窓口相談対応を行うと共に、県内各地での相談対応などにも
柔軟に実施し、相談内容に応じて、支援機関・専門家を紹介する等、適切な支援が可能な者との
橋渡しを行います。

ご利用の流れ

連絡 まずはお気軽にお電話ください。(メールもOK!) きく 相談 事業の現状を襲えていただきます。 みつける 課題整理 課題を整理し、解決すべき課題をみつけます。提案する 提案 クリアになった課題の、解決策等を提案します。ささえる フォローアップ 課題解決できるまで、必要に応じて何度でも支援します。

ご相談のお申込みについて

ご相談は無料です。(予約制・回数制限なし)
ご利用にあたっては、事前にご相談内容をお電話にてお伝えいただきご相談日時をご予約ください。
ご相談申込書は、恐れいりますがホームページよりダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ
メールかファックスにてお送りください。

夜間・土曜日相談窓口を開設いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

宮城県よろず支援拠点

  • お電話でのお問い合わせ022-393-8044
  • FAXでのお問い合わせ022-393-8045

メールでのお問い合わせyorozu@office.miyagi-fsci.or.jp

受付時間8:30~17:15(12:00~12:45除く)月~金(祝祭日除く)

  • お申し込み用紙 PDF
  • お申し込み用紙 Excel