コーディネーターの昼休みvol.3 「フードコーディネーターの魔法の舌編」
2020.06.29


※本記事はCSSで吹き出しを表示させた会話風のコラムになっています。もし吹き出しが正しく表示されていない場合は、別のブラウザを立ち上げて以下URLを直接入力して表示させてみてください。
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00198.html



皆さまこんにちは。宮城県よろず支援拠点の出水(いずみ)です。


本コラムは、「コーディネーターの昼休み」と題し、コーディネーターたちがランチ中にしているゆる~い雑談をお届けします。


とはいえ、そこはよろず支援拠点の専門家。くだけた会話の中でも「なるほど~」と思うかもしれない、経営の話題をピックアップします。


肩ひじ張らず、お気にゆる~く読んで頂ければと思います。


第3回は、「フードコーディネーターの魔法の舌編」です。それではどうぞ!



●登場人物の解説

出水
よろず1年目、他のコーディネーターとチーム支援のためのコミュニケーション構築中。好きな食べ物はラーメンとカルビ。


遠藤
フードコーディネーターで、スタイリングやメニュー開発など売上拡大に直結するアドバイスが得意。実は根っからの食いしん坊。



●フードコーディネーターの魔法の舌編


出水
遠藤コーディネーター、ウーバーイーツで気になっているお店があるんですけど、知ってますか?



遠藤
うーん、ここはわからないです。出水コーディネーターが頼むなら私も一緒に頼んでいいですか?私、ウーバーイーツ未体験なんです。



出水
もちろんです!!記念すべき初体験に立ち会えて幸栄です。どれにしますか?



遠藤
お任せします!



出水
じゃあ、このカレーにしますね!



遠藤
いいですね!


―――― 1時間後 ――――


遠藤
出水コーディネーター、このカレーどう思いますか?



出水
え、普通に美味しいですけど・・



遠藤
なんか物足りなくないですか?



出水
そうですか?たしかにちょっと尖ってる感じはしますけど・・・



遠藤
ちょっと騙されたと思ってこの砂糖を一つまみ入れてもらえませんか?



出水
え、スティックシュガーですか?わかりました・・



遠藤
ふっふっふ。何か変わりましたか??



出水
なんだ!!このまろやかで奥深い味は!!!!
急に高級レストランのカレーになりました!!



遠藤
でしょ。私、「何が足りないか」が分かるんです。



出水
「足りないものが分かる女」なんですか?かっこよすぎませんか?



遠藤
実はこれもバランスなんです。
五味ってあるじゃないですか。苦み・酸み・甘み・辛み・しょっぱみ。この五つのバランスが大事で日本人が好む比率があるんです。



出水
五味の黄金比ですね。



遠藤
飲食店を経営されている方の中には、料理の五味のバランスがターゲット層の好みと一致しているのか、ご自分ではわからない場合があるんです。



出水
なるほど!
お客さんの好みやそのお店の特徴はあると思いますが、数々の飲食店の売上アップに貢献してきた遠藤コーディネーターの客観的なバランス感覚は間違いないですね。
まさに魔法の舌!!!



遠藤
ふっふっふ。



出水
よろず支援拠点の「新商品開発」「メニュー開発」の支援では、その魔法の舌を使った味付けのアドバイスもできるんですよね。



遠藤
試食を持ってきてもらえればできます。今、コロナの影響で対面での面談ができないので、ちょっと難しいですけどね。



出水
はやくその舌を活かした支援を再開したいですねー



遠藤
舌がウズウズしています。



出水
その感覚はよくわかりませんね。



・・・今回は以上です。

ゆる~い会話の中から何か1つでも経営へのヒントが得られれば幸いです。

事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。

少しの差で味が劇的に変わる!!飲食店の事業者様の「新商品開発」「メニュー開発」のご相談なら宮城県よろず支援拠点へお気軽にお電話ください。


<コーディネーターの昼休みバックナンバー>
コーディネーターの昼休みvol.1 「そろそろ外食がしたいよ編」
コーディネーターの昼休みvol.2 「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」

---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCrgOtpR5z4_yxIjlBJkS1ew/
---------------------------------------------------------

<筆者>
宮城県よろず支援拠点コーディネーター 出水彩子。
これまで海外でのインフラ公共事業や、女川町の復興事業等に携わっており、県内事業者さまの支援に熱意を持って取り組む。得意分野は財務・管理会計で、数字の面から企業を支える。
2020.06.29 11:35 | 固定リンク | 経営ミニコラム
【宮城よろず瓦版0622】
2020.06.22
発行日:2020/06/22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■□■   宮城よろず瓦版   ■□■

            宮城県よろず支援拠点メールマガジン
           http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
           https://www.facebook.com/miyagiyorozu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:宮城県よろず支援拠点

(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線などがずれて
  表示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォントを等幅フォントに変更さ
  れることをお勧めします。


┌────────────────────────────────────
│●今回の目次
└────────────────────────────────────
 (1)今週のトピックス

 (2)〔お知らせ〕みやぎよろずチャンネル開設しました!
    【14分でわかる】今すぐ活用!中小企業のための無料の経営相談所とは?

 (3)コーディネーターの昼休み Vol.02
    「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」

 (4)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ

 (5)他支援機関の支援施策等のご紹介

 (6)編集後記



┌────────────────────────────────────
│(1)今週のトピックス
└────────────────────────────────────
 
 みなさま、こんにちは。

 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。
 
 宮城県内は先日コロナ感染者が新たに発生しており、いつだれがどこで感染す
 るか、まだ予断を許さない状況と思います。とはいえ、しっかり感染拡大防止
 の対策をとって、経済活動を回していく必要もあります。

 そんな中、非対面のビジネスで活用できるのがインターネットです。テレビ会
 議やSNS、ネット通販などなど、オンラインの販路開拓をするのは、まさに
 
 「今でしょ!」
 
 の状況です(笑。

 そうした背景から、当拠点でもYouTubeチャンネルを開設致しました。これから
 月に2~3投稿程度ですが、定期的に経営に関する情報を動画でお届けしたい
 と思います。

 まだ動画撮影・編集・配信など慣れない中行っていますが、まずは行動あるの
 みと思ってチャレンジしております。本メルマガ中で案内しておりますので、
 視聴していただければ幸いです!


 それでは今週のメルマガをどうぞ!




┌────────────────────────────────────
│(2)〔お知らせ〕みやぎよろずチャンネル開設しました!
└────────────────────────────────────

 ●Vol.01 【14分でわかる】
       今すぐ活用!中小企業のための無料の経営相談所とは?
  https://youtu.be/uh86PuZoqXg


 こんにちは。よろず支援拠点の佐藤です。

 当拠点でも文字や画像だけでなく、動画で経営情報や支援施策情報をお届けす
 るチャレンジを開始しました。不慣れなところもありますが、まずはご視聴を
 頂けますと幸いです。

 初回は、14分のやや長い動画で、当拠点の紹介となっています。
 とはいえ、中小企業の実態や経営相談をしている事業者の割合など、「へえ~
 そうなのか!」と思えるポイントもあります。

 今後、経営に関する情報やワンポイントアドバイスを行っていきますので、気
 に入った方はいいね・チャンネル登録をお願いいたします!


 ●Vol.01 【14分でわかる】
       今すぐ活用!中小企業のための無料の経営相談所とは?
  https://youtu.be/uh86PuZoqXg




┌────────────────────────────────────
│(3)コーディネーターの昼休み Vol.02
└────────────────────────────────────

 ●コーディネーターの昼休み Vol.02
              「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00196.html


 皆さまこんにちは。宮城県よろず支援拠点の出水(いずみ)です。
 
 先週から連載している「コーディネーターの昼休み」。

 思いがけず、多くの方から「おもしろい!」、「緩い感じがいいです」などお
 褒めの言葉をいただいており、感謝いたします。

 
 コーディネーターとの会話は刺激に満ちています。今年よろず支援拠点に参画
 したばかりですが、コーディネーターの私から見ても、他のコーディネーター
 の専門的な知識や、経営支援に対するいろんな考え方に触れることができ、毎
 日気づきがいっぱいあります。

 事業者さまも、ぜひよろず支援拠点にご相談にいらして、お気軽にいろんなお
 話をさせて頂ければと思っています。

 
 さて2回目は、「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」です。

 弁護士の布木コーディネーターが登場します!!

 それではどうぞ!


 コラムを読んで面白いと思った方はfacebookのいいね、またメルマガ登録など
 お願いします!

 facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
 メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html



 ●コーディネーターの昼休み Vol.02
              「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00196.html




┌────────────────────────────────────
│(4)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ
└────────────────────────────────────

 経営者向けセミナーや、営業・財務担当者にも役立つ勉強会を開催しています!
 ぜひお気軽にご参加下さい。

 ●ものづくり補助金申請のための事業計画を自分で作る(全4回)
  【日時】1回目 6月 9日(火) 13:30~14:30 ★満員御礼 実施済み
      2回目 6月26日(金) 13:30~14:30
      3回目 7月 3日(金) 13:30~14:30
      4回目 7月14日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邉 明代(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/304514107222495/
  【概要】ものづくり補助金の概要と事業計画作成ポイントを計4回のセミナー
      で解説。セミナー受講後も個別相談にて継続支援致します。事業計画
      書をご自身で作成しましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●社長が本気を出せば採用はもっとうまくいく!
  会社の魅力を伝える求人票作成セミナー
  【日時】6月23日(金) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邊 徹(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/996739970762261/
  【概要】採用できないとお悩みの事業者さんほど、求人票の作成をスタッフに
      任せっきりにしているってご存知でしたか?今や採用・育成は社長の
      重要な仕事でもあります!社長がちょっと本気を出せば、もっと採用
      はうまくいきます。ぜひ求人票をブラッシュアップしてみましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●小さな会社こそ活用したいプレスリリースセミナー
  【日時】6月29日(月) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】佐藤 創(当拠点チーフコーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/250903052863342/
  【概要】新聞やテレビから取材を受けるのって効果的な広報の手段ですよね。
      取材が来るのを待つのもいいんですが、ちょっとの工夫で自分から
      呼び込むことができるんです。お金をかけずに効果抜群のプレスリ
      リースを活用する具体的ノウハウをお伝えします。
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●小規模事業者こそ動画配信をすべき3つの理由セミナー
  【日時】6月30日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】玉手 敏順(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/4543180952374732/
  【概要】いまや動画配信は有効な広報手段の1つ。文字や絵だけの広報より
      高い効果があります。お金をかけず効果的な動画配信をするための
      具体的ノウハウを伝授します!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html




┌────────────────────────────────────
│(5)他支援機関の支援施策等のご紹介
└────────────────────────────────────

◆仙台市主催
 「令和2年度 仙台未来創造企業創出プログラム」公募のご案内

 仙台市では、昨年度からスタートした地元中小企業の上場支援事業「仙台未来
 創造企業創出プログラム」の認定企業を募集中です。
 新型コロナウイルス感染症は地域経済にも大きな影響を及ぼしていますが、緊
 急事態宣言が解除されたことに伴い経済活動にも少しずつ動きが出始めていま
 す。
 今後の地域経済の回復期を見据え、引き続き、地域経済を牽引する企業の育成
  および上場支援を行います。

・公募期間 
  令和2年5月22日(金)~6月29日(月)17:00必着
・対象企業
  書面審査(応募多数の場合のみ)、面接審査により数社程度を
 「仙台未来創造企業」として認定します。
  仙台市内に本店または本社を有し、次の条件に当てはまる中小企業者
  1.日本国内の証券取引所での株式上場を目指している企業
  2.上場について具体的な見通しが可能な企業
・内容・申込方法等の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
  https://www.city.sendai.jp/kezai-chose/sendaimirai/kobo-r2.html
・応募に関するお問い合わせ
  ※本プログラムは仙台市の委託により株式会社タスクが実施しております。
  仙台未来創造企業創出プログラム事務局
  TEL 03-5953-6603  E-mail sendai@ipo-house.co.jp



◆公益財団法人みやぎ産業振興機構
 令和2年度「みやぎ中小企業チャレンジ応援基金事業」第2回募集のご案内

 当機構では、宮城県及び株式会社七十七銀行と連携し、地域資源等の活用に
 より新商品等の開発を行う方を支援するため、当該開発に係る事業計画を募集
  し優れた案件と認められるものに対して事業経費の一部を助成します。
 なお、事業承継を伴い開発を行う方は優遇します。

・助成対象
  地域資源(農林水産品、歴史、文化、鉱工業品、産地技術、人材等)や優れ
   たビジネスアイデア等を活用し、新商品や新サービスの開発を行う事業。
・助成内容 
 【一般型】
  助成期間:助成金交付決定の日から令和3年1月31日まで
  助成金額:上限「200万円」以内 
  助成率 :助成対象経費の1/2以内
  助成件数:4件程度
 【技術志向型】
  助成期間:助成金交付決定の日から1年以内
  助成金額:上限「300万円」以内 
       (助成対象経費400万円を超えるものに限ります)
  助成率 :助成対象経費の1/2以内
  助成件数:6件程度
・募集期間
 【一般型】【技術志向型】とも同期間です。
  令和2年6月17日(水)~令和2年7月7日(火)
・助成対象者・助成対象経費
 〇助成対象者
 (1)宮城県内において助成金の募集開始日以降6ヶ月以内に創業を行う者
 (2)宮城県内に主たる事業所等を有する中小企業者及び中小企業者のグループ
 (3)宮城県内に主たる事業所等を有するNPO法人等
・内容・応募方法等の詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください。
  https://www.joho-miyagi.or.jp/ouen-2

・お問い合わせ先
  公益財団法人みやぎ産業振興機構 事業支援課
  TEL 022-225-6697  FAX 022-263-6923
  Email soudan@joho-miyagi.or.jp


┌────────────────────────────────────
│(6)編集後記
└────────────────────────────────────

 今週は、当拠点のYouTubeチャンネル開設をやっとすることができました。構想
 はあったのですが、なかなか撮影・編集まで行うとなると不慣れで時間がかかり
 遅くなってしまいました。

 今後、経営ワインポイントアドバイスなども含めて継続発信しますので、ぜひチ
 ャンネル登録をお願いいたします!


 今週も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 ※誤字脱字が無いように注意しておりますが、なにぶん分量が多く時々まぎれ込
  んでしまします。その際はご指摘を頂けますと大変助かりますので、よろしけ
  ればご連絡頂きたく思います。

 (メルマガ筆者:宮城県よろず支援拠点・佐藤 創)



--------------------------------------------------------------------------
 ◆配信停止、送信先変更などは、こちらからどうぞ。
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
--------------------------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
--------------------------------------------------------------------------
コーディネーターの昼休みvol.2 「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」
2020.06.21


※本記事はCSSで吹き出しを表示させた会話風のコラムになっています。もし吹き出しが正しく表示されていない場合は、別のブラウザを立ち上げて以下URLを直接入力して表示させてみてください。
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00196.html



皆さまこんにちは。宮城県よろず支援拠点の出水(いずみ)です。


本コラムは、「コーディネーターの昼休み」と題し、コーディネーターたちがランチ中にしているゆる~い雑談をお届けします。


とはいえ、そこはよろず支援拠点の専門家。くだけた会話の中でも「なるほど~」と思うかもしれない、経営の話題をピックアップします。


肩ひじ張らず、お気軽にゆる~く読んで頂ければと思います。


第2回は、「オンライン裁判ってどんな感じ!?編」です。それではどうぞ!



●登場人物の解説

出水
よろず1年目、他のコーディネーターとチーム支援のためのコミュニケーション構築中。最近は休みがなく、今一番欲しいものは温泉での癒し。


布木
弁護士。幅広い経営法務の相談に親身に応える。180のセンチの高身長で日本酒好き。名前は「綾」と書いて「りょう」と読みます!子供のころのあだ名はアヤパン。


人材採用・定着アドバイザー。ドラマ好きの元バンドマン。今はまじめな野球少年風ですが、昔は長金髪だった過去も・・・。


玉手
デザイン、Web/SNS、動画撮影など、IT活用と広報に幅広いスキルを持つ。常に神対応。料理も得意らしい・・。




●オンライン裁判ってどんな感じ!?編


出水
そういえば、7月に全国のよろず支援拠点の研修があるんですけど、参加できそうですか??



玉手
参加しますー!!



参加しますー!!



布木
私も参加したいんですが・・あいにくその日は裁判で・・・・



裁判!!!!



出水
裁判で予定を断られたの初めてです。
そういえば、コロナの影響で裁判ってどうなってるんですか?無観客なんですか?



布木
いや、最近は電話やオンラインです。



玉手
オンライン!?!?



布木
そうなんです。最近はマイクロソフトのTeamsを使ってオンラインで裁判をするようになったんです



出水
すごい!裁判員もオンラインで参加するのですか?



布木
民事の裁判には裁判員は参加しないんです。
刑事事件の裁判は今までどおり裁判所で行っていますよ。



出水
なるほど。民事のオンライン裁判には誰が参加してるんですか?



布木
基本的には、自分と、相手側の弁護士と、裁判官です。
たまに当事者の方も参加します。



出水
そうなんですね。証拠とかどうやって見せるんですか。



布木
PDFにして画面共有ですね。



出水
画面共有!!
ちなみに・・オンラインではない通常の民事裁判は、法廷でやるんですよね



ドラマで見るようなところですよね・・H●ROとか・・99.●とか・・・笑



出水
リーガル・●イが好きです



布木
いや・・民事裁判の大体の手続きは普通の部屋でやります



出水
え、普通の部屋なんですか?



布木
はい。普通の部屋の中で、私と相手側の弁護士と裁判官の3人で行います。



出水
だいぶイメージ違いますね。
リアル裁判に比べて、オンライン裁判のメリット・デメリットはあるんですか?



布木
私はアナログ人間なんでリアルの方がいいんですけど、大量の書類を持って遠方の裁判所に行く手間などが省けるのが電話やオンラインのメリットですね。
裁判を行う場所って「所在地」だけでなく「契約地」だったり「事件が起きた場所」だったり様々なので。



たしかに。他県に行かなきゃいけない場合もありますよね。



布木
あと、リアル裁判は地方裁判所の部屋で行わなくてはいけないのですが、移動の関係でなかなか都合がつかなくて2~3か月以上待たなきゃいけない場合があるんです。でもオンラインや電話だと日程が決めやすいです。



出水
へー!!!そうなんですね。



布木
仙台ではコロナ前から裁判のオンライン化を進める取り組みを率先的に行うことになっていたんですよ。それがコロナによって加速した形ですね。



出水
よろずの経営相談もオンラインになっていますが、色々な分野でオンライン化が進みますね~。



玉手
オンライン会議を始めたいという相談はもちろん、「この事業はオンライン化できるかな?」といった相談も私たちも一緒に考えます!!



出水
難しそうって思っても、やってみたらオンラインでできることってありますよね。



玉手
マイクロソフトのTeams以外にも、zoomやwherebyなど様々なツールがあるので、どれが事業者さんにとって使いやすいかも案内できます。



出水
さすが玉手コーディネーター!よろずでは主にwhereby(ウェアバイ)を使っていますが、最初はみんな読み方がわからなくて「ワービー」って呼んでましたね。笑



玉手
そうでしたね。笑



出水
布木コーディネーターは、経営に関する法律の相談にオンラインで丁寧に答えてくれますよね。



布木
そうですね・・



出水
とても心強い・・。




・・・今回は以上です。

ゆる~い会話の中から何か1つでも経営へのヒントが得られれば幸いです。

事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。

「事業のオンライン化」や「経営に関する法律」のご相談なら宮城県よろず支援拠点へお気軽にお電話ください。


---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
---------------------------------------------------------

<筆者>
宮城県よろず支援拠点コーディネーター 出水彩子。
これまで海外でのインフラ公共事業や、女川町の復興事業等に携わっており、県内事業者さまの支援に熱意を持って取り組む。得意分野は財務・管理会計で、数字の面から企業を支える。
2020.06.21 19:49 | 固定リンク | 経営ミニコラム
【宮城よろず瓦版0615】
2020.06.16
発行日:2020/06/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■□■   宮城よろず瓦版   ■□■

            宮城県よろず支援拠点メールマガジン
           http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
           https://www.facebook.com/miyagiyorozu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:宮城県よろず支援拠点

(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線などがずれて
  表示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォントを等幅フォントに変更さ
  れることをお勧めします。


┌────────────────────────────────────
│●今回の目次
└────────────────────────────────────
 (1)今週のトピックス

 (2)チーフコーディネーターの経営コラム Vol.03
    簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」

 (3)コーディネーターの昼休み Vol.01
    「そろそろ外食がしたいよ編」

 (4)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ

 (5)編集後記



┌────────────────────────────────────
│(1)今週のトピックス
└────────────────────────────────────
 
 みなさま、こんにちは。

 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。
 新型コロナ対策の二次補正予算が12日に国会を通過しました。各種支援策が
 拡充されています。今後制度など具体的な内容で展開されてくるものと思いま
 す。

 今回のメルマガでは補正予算の内容について触れると共に、「そもそも国のコ
 ロナ支援策ってざっくりどんなものがあるの?」という声も多いので、支援策
 ごとの主な活用用途も含めて説明します。

 また、一度ではお伝えしきれないので、支援策の用途などの基本からしっかり
 と理解できるよう、メルマガのシリーズでお伝えしていきます。コロナ対応策
 についてわかりやすく説明していきますので、ぜひお読みいただき、支援策の
 活用をして頂ければと思います。


 また今回から新規コラムシリーズが始まります。
 このコラムは、「コーディネーターの昼休み」と題し、コーディネーターたち
 がランチ中にしているゆる~い雑談をお届けします。

 肩ひじ張らず、お気軽にゆる~く読んで頂ければと思います。これからシリー
 ズでお届けしますので、ランチの合間にでもお読みいただければ嬉しいです。


 それでは今週のメルマガをどうぞ!




┌────────────────────────────────────
│(2)チーフコーディネーターの経営コラム Vol.3
└────────────────────────────────────

 ●Vol.03 簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00194.html


 こんにちは。よろず支援拠点の佐藤です。

 令和2年度第2次補正予算が12日に国会を通過しました。各種支援策が拡充
 されています。今後制度など具体的な内容で展開されてくるものと思います。

 さて、矢継ぎ早にいろいろな制度が展開されており、正直我々も事細かにすべ
 てのことを把握するのにもいっぱいいっぱいです。

 我々コーディネーターでさえいろんな施策の内容をフォローするのが大変なの
 に、事業者さんはすべて理解するなんてなかり無理のある話です。


 なので、当拠点等を活用し支援策をうまく活用していただきたいところなので
 すが、なかなか1つ1つお伝えするのも時間がかかりますので、対話形式で国
 の支援策の体系をお伝えできればなあ、と思っておりました。

 そこで、

  「国の支援策の概要をざくっと簡単に理解していただくブログ」

 として、大枠を理解し支援策を活用していただくための情報発信をしていきた
 いと思います。


 今回は「そもそも国のコロナ支援策ってざっくりどんなものがあるの?」とい
 う声も多いので、主な支援策の分類と活用用途を説明します。その後、第2次
 補正予算の概要についてもお伝えします。


 ●Vol.03 簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00194.html




┌────────────────────────────────────
│(3)コーディネーターの昼休み Vol.01
└────────────────────────────────────

 ●Vol.01 簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00193.html


 皆さまこんにちは。宮城県よろず支援拠点の出水(いずみ)です。
 
 本コラムは、「コーディネーターの昼休み」と題し、コーディネーターたちが
 ランチ中にしているゆる~い雑談をお届けします。

 とはいえ、そこはよろず支援拠点の専門家。くだけた会話の中でも「なるほど
 ~」と思うかもしれない(笑、経営の話題をピックアップします。
 
 肩ひじ張らず、お気軽にゆる~く読んで頂ければと思います。これからシリー
 ズでお届けしますので、ランチの合間にでもお読みいただければ嬉しいです。
 
 第1回は、「そろそろ外食がしたいよ編」です。

 それではどうぞ!

 コラムを読んで面白いと思った方はfacebookのいいね、またメルマガ登録など
 お願いします!

 facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
 メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html


 ●Vol.01 簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00193.html




┌────────────────────────────────────
│(4)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ
└────────────────────────────────────

 経営者向けセミナーや、営業・財務担当者にも役立つ勉強会を開催しています!
 ぜひお気軽にご参加下さい。

 ●ものづくり補助金申請のための事業計画を自分で作る(全4回)
  【日時】1回目 6月 9日(火) 13:30~14:30 ★満員御礼 実施済み
      2回目 6月26日(金) 13:30~14:30
      3回目 7月 3日(金) 13:30~14:30
      4回目 7月14日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邉 明代(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/304514107222495/
  【概要】ものづくり補助金の概要と事業計画作成ポイントを計4回のセミナー
      で解説。セミナー受講後も個別相談にて継続支援致します。事業計画
      書をご自身で作成しましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●社長が本気を出せば採用はもっとうまくいく!
  会社の魅力を伝える求人票作成セミナー
  【日時】6月23日(金) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邊 徹(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/996739970762261/
  【概要】採用できないとお悩みの事業者さんほど、求人票の作成をスタッフに
      任せっきりにしているってご存知でしたか?今や採用・育成は社長の
      重要な仕事でもあります!社長がちょっと本気を出せば、もっと採用
      はうまくいきます。ぜひ求人票をブラッシュアップしてみましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●小さな会社こそ活用したいプレスリリースセミナー
  【日時】6月29日(月) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】佐藤 創(当拠点チーフコーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/250903052863342/
  【概要】新聞やテレビから取材を受けるのって効果的な広報の手段ですよね。
      取材が来るのを待つのもいいんですが、ちょっとの工夫で自分から
      呼び込むことができるんです。お金をかけずに効果抜群のプレスリ
      リースを活用する具体的ノウハウをお伝えします。
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●小規模事業者こそ動画配信をすべき3つの理由セミナー
  【日時】6月20日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】玉手 敏順(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/4543180952374732/
  【概要】いまや動画配信は有効な広報手段の1つ。文字や絵だけの広報より
      高い効果があります。お金をかけず効果的な動画配信をするための
      具体的ノウハウを伝授します!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html




┌────────────────────────────────────
│(5)編集後記
└────────────────────────────────────

 今週は新型コロナ支援策という固いコラムから、コーディネーターの昼休みと
 いう柔らかいコラムまでいろいろお届けさせて頂きました。

 今後も支援事例やコロナ施策の解説など継続していきますので、ぜひとも周り
 の経営者の方にもお知らせしてくださるとうれしいです。


 今週も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 ※誤字脱字が無いように注意しておりますが、なにぶん分量が多く時々まぎれ込
  んでしまします。その際はご指摘を頂けますと大変助かりますので、よろしけ
  ればご連絡頂きたく思います。

 (メルマガ筆者:宮城県よろず支援拠点・佐藤 創)



--------------------------------------------------------------------------
 ◆配信停止、送信先変更などは、こちらからどうぞ。
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
--------------------------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
--------------------------------------------------------------------------
簡単ころな支援策シリーズ「そもそも支援の全体像って?」
2020.06.15


宮城県よろず支援拠点の佐藤です。

令和2年度第2次補正予算が12日に国会を通過しました。各種支援策が拡充されています。今後制度など具体的な内容で展開されてくるものと思います。


さて、矢継ぎ早にいろいろな制度が展開されており、正直我々も事細かにすべてのことを把握するのにもいっぱいいっぱいです。

我々コーディネーターでさえいろんな施策の内容をフォローするのが大変なのに、事業者さんはすべて理解するなんてなかり無理のある話です。


なので、当拠点等を活用し支援策をうまく活用していただきたいところなのですが、なかなか1つ1つお伝えするのも時間がかかりますので、対話形式で国の支援策の体系をお伝えできればなあ、と思っておりました。

そこで、

 「国の支援策の概要をざくっと簡単に理解していただくブログ」

として、大枠を理解し支援策を活用していただくための情報発信をしていきたいと思います。


今回は「そもそも国のコロナ支援策ってざっくりどんなものがあるの?」という声も多いので、主な支援策の分類と活用用途を説明します。その後、第2次補正予算の概要についてもお伝えします。



【目次】

(1)簡単ころな支援策 そもそも支援の全体像は?

(2)令和2年度第2次補正予算 をざくっと知りたい!

それでは長文になりますが、お読みいただけますと幸いです。





(1)簡単ころな支援策 そもそも支援の全体像は?


国のコロナ支援策は大きく分けると4つあります。

「給付金」と「融資」と「助成金」と「補助金」です。

それぞれ用途は異なります。資金繰りとして使えるものから、売上拡大を図るためのものなど、用途が違うので、まずはざっくりとこの4つの用途を把握しておきましょう。


その1 給付金

給付金には持続化給付金と、家賃支援給付金があります。申請するための条件がありますが、いずれも対象になる場合に国から一定額が支給され、返済する必要はなく用途も自由です。

持続化給付金は、コロナの影響で売上が前年対比で50%以上減少した事業者が活用できるもので、個人事業主は最大100万円、法人は最大200万円が支給されるものです。50%以上売上が減少した月が、2020年1月~12月の間でひと月あれば申請が可能です。

家賃支援給付金は、5月~12月のうちでひと月の売上が前年同月比で50%以上減少したか、連続する三か月の売上高が前年同月比で30%以上減少した場合に対象になります。申請時の直近の家賃を基本にして、その家賃の2/3または1/3を6か月分支給します。

<持続化給付金申請サイト>




その2 融資

通常の借入とは別の借入枠で、コロナの影響で売上が減少した事業者に対して優遇した金利や条件で貸し出しを行うものです。借入金なので返す必要がありますが、一定の条件を満たせば3年間の利子が国から補助されたり、返済を開始するまでの猶予期間を最大5年間取れたりするなど、とても活用しやすい条件になっています。

民間金融機関で行っているものと、国の金融機関で行っているものがあり、申請手続きにやや違いがありますが融資の条件はほぼ同じものです。

<経産省・資金繰り支援一覧>




その3 助成金
コロナに関連する助成金には大きく、雇用調整助成金と、小学校休業等対応助成金があります。

雇用調整助成金は企業が支払った休業手当を助成するもので、小学校休業等対応助成金は、学校等が休みになったりお子さんがコロナに感染したりして休んだ場合に、有給の特別休暇を与えた企業へ助成するものです。


まず雇用調整助成金ですが、コロナの影響で会社やお店を休業した際に、従業員へ支給した休業手当の4/5を国が助成します。なおコロナの影響があっても解雇をしていない場合は助成率10/10になります。また過去にさかのぼっての休業手当を申請することができ、2020年1月24日以降に発生した休業手当について遡及申請(さかのぼっての申請)ができます。

休業を実施したのちに書類を作成して申請します。申請してから労働局で審査をし、その後に助成金が振り込まれます。概ね1~2か月はかかるのでその間の資金繰りは事前に工面しておく必要があります。

<雇用調整助成金>




なお雇用調整助成金は、雇用保険に入っている従業員が対象です。よってパート・アルバイトなどは対象になっておりません。パート・アルバイトなどの雇用保険に入っていない従業員を休業させた場合の助成金は、「緊急雇用安定助成金」で対応します。とはいえ様式や手続きはほぼ同じです。こちらは制度施行が4月1日からなので、4月1日以降の休業が対象です。


小学校休業等対応助成金は、小さいお子さんが、学校・関連施設の休業や新型コロナに感染するなどして、在宅することになった場合、会社が特別に有給で休暇を与えた場合にその全額を国が企業へ助成するものです。有休は賃金全額に相当することが必要です(助成の上限額があります)。こちらは2月27日~9月30日までの休暇が対象です。

<小学校休業等対応助成金>



類似するものに小学校休業等対応支援金があり、こちらは業務委託契約を締結している個人(いわゆるフリーランス)が対象になります。こちらは2月27日~9月30日までが対象で、支給額は定額です(4/1以降は7,500円)。

<小学校休業等対応支援金>






その4 補助金

補助金には大きく、ものづくり補助金、持続化補助金、IT導入補助金の3つがあります。

それぞれ以前からあった補助金で、新たな商品開発や販路拡大、IT導入をする際にかかる経費の1/2から2/3を補助するものです。

補助金は申請するにあたり事業計画書を作成することが必要で、計画の内容によって採択されたりされなかったりが決まります。新型コロナに対応するために非対面での営業をするための設備購入や、テレワークをするためのIT導入などで一部補助額や補助率が増額になるものです。

資金繰りというよりは、コロナの時代に適した事業展開に変化することを後押しする制度になります。

<中小企業生産性革命推進事業>





(2)令和2年度第2次補正予算 をざくっと知りたい!


各種支援策をずらずら~っと理解しようとするとこんがらがりますので、融資・給付金・補助金・助成金のそれぞれのくくりで、どんな支援策が出ているのかを整理してまとめます。

こうしてみると、ある程度は体系的に理解しやすくなったのではないかと思います。


 1.融資関連
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ・日本政策金融公庫等のコロナ特別融資の融資枠の拡充
  中小事業3億円   → 拡充で6億円まで
  国民事業6,000万円 → 拡充で8,000万円まで

 ・同融資での金利引き下げ枠の拡充、および実質無利子化枠の拡充
  中小事業1億円まで   → 拡充で2億円まで
  国民事業3,000万円まで → 拡充で4,000万円まで

 ・民間金融機関のセーフティネット保証4号・5号の実質無利子化枠の拡充
  3,000万円まで → 拡充で4,000万円まで

 ・日本政策金融公庫等の既往債務の借換限度枠の拡充
  中小事業3億円まで   → 拡充で6億円まで
  国民事業6,000万円まで → 拡充で8,000万円まで


 2.給付金関連
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ・家賃支援給付金
  中小企業のうち、5月~12月の売上高が50%以上減少、または三か月
  に渡って30%以上減少した事業者が対象。直近家賃に基づいて計算され
  る給付月額の6か月分を給付(給付率は2/3~1/2)。

 ・持続化給付金の対象枠拡大
  拡大した内容については詳細未定。今後経産省から展開される内容を待つ。
  売上高が1月~12月の間で50%以上減少した月がある事業者が対象。
  法人最大200万円、個人最大100万円の給付。


 3.補助金関連
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ・中小企業生産性革命推進事業による事業再開支援
  ものづくり補助金、持続化補助金、IT導入補助金それぞれで、新型コロ
  ナへの対応をする一部の取組みの場合、補助率を3/4へ引き上げる。
  また、ものづくり補助金と持続化補助金に採択された事業者には、別途「
  事業再開枠」として、コロナ感染拡大予防に使えるマスク・消毒薬・空気
  清浄機等の購入にかかる経費を全額補助する(最大50万円まで)。


 4.助成金関連
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ・雇用調整助成金の簡素化・拡充化
  助成金の対象期間を1月24日以降に遡及できる緊急対応期間を延長
   2020年6月末まで → 延長後2020年9月末まで
 
  助成額の引き上げ
   1日上限8,330円 → 引き上げ後15,000円

  解雇等をせず雇用維持に努めた企業の助成率引き上げ
   助成率9/10 → 引き上げ後10/10
   (4/1以降で遡及可能)


 5.その他
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ・雇用保険の特例措置であるみなし失業の導入
  従業員自らが手続きをすることで休業期間の失業手当(賃金のおおむね8
  割)を受け取れる制度を実施



今回の簡単ころな支援策シリーズは以上です。


内容については調査したうえで記載しておりますが、ある程度デフォルメしている箇所がありニュアンスが異なったり細かい条件をあえて記載していない箇所があります。そういった点についてはしっかり調べて頂くか、当拠点までご連絡を頂ければと思います。

次回以降も、支援策をできるかぎり体系的にわかりやすく把握するためのコラムを提供していきます。



「資金繰りをなんとか安定させたい」

「こんな商品のアイディアがある」

「今後の経営計画を考えたい」


そういった事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。まずはお気軽にお電話ください。

想いをカタチにする経営相談所、それが宮城県よろず支援拠点です。

 

経営のお悩み解決します。

あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 

---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
---------------------------------------------------------

<筆者>
宮城県よろず支援拠点チーフコーディネーター 佐藤創。
経営革新や商品開発、広報など売上拡大に直結する具体的で斬新な提案が持ち味。
個人のミッションステートメントは、“あなたの「現状を変えたい」思いを確実に形にし、未来と感動を創り出す変革の経営コンサルタント”。現状からの変革を通じ、相談者の未来と感動を共創することこそが、自身のミッションであり最大の喜びでもある。

※「よろず支援拠点のお仕事」として佐藤のインタビュー記事が掲載されています。
https://yorozu.smrj.go.jp/recruit/voice_miyagi/
2020.06.15 17:52 | 固定リンク | 経営ミニコラム
コーディネーターの昼休みvol.1 「そろそろ外食がしたいよ編」
2020.06.14


※本記事はCSSで吹き出しを表示させた会話風のコラムになっています。もし吹き出しが正しく表示されていない場合は、別のブラウザを立ち上げて以下URLを直接入力して表示させてみてください。
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00193.html



皆さまこんにちは。宮城県よろず支援拠点の出水(いずみ)です。


本コラムは、「コーディネーターの昼休み」と題し、コーディネーターたちがランチ中にしているゆる~い雑談をお届けします。


とはいえ、そこはよろず支援拠点の専門家。くだけた会話の中でも「なるほど~」と思うかもしれない笑、経営の話題をピックアップします。


肩ひじ張らず、お気軽にゆる~く読んで頂ければと思います。


第1回は、「そろそろ外食がしたいよ編」です。それではどうぞ!



●登場人物の解説

出水
よろず1年目、売上拡大と財務会計を主に担当。ランチの話題提供はもっぱらペットのネコか食べ物関連。


チーフ
よろずチーフの佐藤。事業者さんの相談には親身に丁寧に応じているが、他のコーディネーターからは仕事の鬼とか言われているとかいないとか。


遠藤
フードコーディネーターで、スタイリングやメニュー開発など売上拡大に直結するアドバイスが得意。実は根っからの食いしん坊。


玉手
デザイン、Web/SNS、動画撮影など、IT活用と広報に幅広いスキルを持つ。音楽関係の仕事もしながら経営支援をこなす。常に神対応。




●そろそろ外食がしたいよ編


出水
最近、新鮮な魚介のお造りとか食べてないですね~。そろそろ外食したいですね~。



チーフ
仙台の飲食店も少しずつお客さんが戻ってきているみたいですけど、まだ新型コロナ少し怖いですよね~



出水
ちゃんと安全対策を取ってくれている飲食店だったら大丈夫だと思いますよ。「一般社団法人東北食のプロジェクト」さんが「飲食店イートイン安全ガイドライン宮城」を出していましたね。 ↓参照



(出典:一般社団法人 東北食の力プロジェクトから引用 https://www.facebook.com/tohokushokupro/)


チーフ
なるほど。



出水
でもこれを見ると・・飲食店が安全対策をとりながら営業するには、固定費が結構増えますよね。

飲食店の売上 = 座席数 × 回転数 × 客単価

ですが、3密回避のために「座席数」を減らさなきゃいけないとなると、「回転数」を増やすか、「客単価」を上げるかのどちらかしかないですよね。どっちがいいんでしょうか?



チーフ
どちらの方向性もあると思います。お店のターゲットやコンセプトによりますね。



出水
なるほど。遠藤コーディネーター、具体的にはどうしたらいいと思いますか?



遠藤
客単価を上げるには、メニューを充実させて、演出や提供方法にもこだわって付加価値をあげるのが一番です。



出水
提供方法ですか?



遠藤
例えば、セットメニューにするとか。「季節野菜のポタージュ」セットとかいいですね。ポタージュなら作り置きもできるので(ジャガイモは冷凍に向いていないので、当日に追加が必要です)。

あとは「あれも食べたいしこれも食べたい」っていうお客様のために、既存メニューから「ミニ〇〇セット」みたいなのを作るのもいいですね!



出水
なるほど、ポタージュついてくると嬉しいです!優柔不断なのでミニ〇〇セットにも弱いです・・。
逆に、回転数を増やす方向だとどうしたらいいですか?



遠藤
オペレーションを効率化して、単品で食べやすさ重視のメニューに絞って提供する感じですね。どんぶりとか。



出水
なるほど。そういえば、調理現場のオペレーション効率化のアドバイスは遠藤コーディネーター得意ですよね!



遠藤
そうですね。
客単価を上げる方向でも、回転数を増やす方向でも、どちらにしても今まで以上に「滞在時間と客単価のバランス」を取ることが大事になると思います。滞在時間が長くなるほど客単価も上がるような仕組みをきちんと考えることです。



出水
なるほどー。
もう暖かいので、テラスで座席数を増やすっていう対策もありますよね~。
テイクアウトやテラス営業などのための 道路占用の許可基準が緩和されましたしね~。
この夏は、歩行者天国の商店街にテラス席がたくさん並んでる・・・なんて風景が増えるのでしょうか?なんだか楽しそう・・。



(出典:国土交通省 https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/senyo/covid/01.pdf)


チーフ
テイクアウトやデリバリーとイートインのハイブリッド経営もずっと続くと思いますよ。



出水
たしかに、最近仙台のウーバーイーツに登録しているお店も増えてきましたね。



チーフ
出水コーディネーターは毎日お昼ウーバーイーツですよね。



出水
実は夜もです。ウーバーイーツのおかげで4キロも太りました( ;∀;)



チーフ
それはやばいですね!!



出水
ハイブリッド経営もオペレーションが大変そうですね。
ウーバーイーツで頼んでから20分くらいで届くお店もあって、オペレーションがどうなっているのか気になります。



チーフ
そうしたオペレーションのアドバイスだけでなく、テイクアウトやデリバリー商品の開発も遠藤コーディネーター得意ですよね。



遠藤
そうですね。あと商品開発にはネーミングも大事です。



出水
たしかに。ネーミングがあるとふと商品を思い出しやすいです!
ネーミングやキャッチコピーは我々も一緒に考えるのが得意ですよね、玉手コーディネーター!



玉手
え!?あ、そうですね
(玉手コーディネーターはお昼休みも忙しい)



出水
そういえば、最近、東京のイタリアンのお店がレシピをネットで公開していて・・
試しに作ってみたら、めちゃくちゃ美味しくできたんですよ!!
女子力マイナスの私でも美味しく作れるんだから、プロが作ったらどれだけ美味しいんだろうと思って、今度東京に行ったらお店に行ってみようと思いました。



チーフ
女子力マイナスなんですね・・・
レシピを公開して、自粛期間も家で作ってもらうことで、顧客とのつながりをキープしているんですね。



出水
そうなんです。さらに、作った人がツイッターで拡散しているのを見て、そのお店を知らなかった私もファンになってしまったんです。



チーフ
なるほど。お店には来ていないのに新規顧客が増えたわけですね。



出水
そうしたSNS活用のアドバイスも行っていますよね。玉手コーディネーター!



玉手
もちろんです!
(玉手コーディネーターは忙しくても神対応)



チーフ
SNS活用には、既存顧客の維持と、新規顧客の獲得と、それぞれの目的にあったツールがあって・・・・・・ごにょごにょ(長くなるので、割愛)



出水
それにしても、最近、新鮮な魚介のお造りとか食べてないですね~。そろそろ外食したいですね~。(2回目)



遠藤
そろそろウニの季節ですしね。



出水
ウニ!!!!



・・・今回は以上です。

ゆる~い会話の中から何か1つでも経営へのヒントが得られれば幸いです。

事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。

飲食店の事業者様の「メニュー開発」「オペレーション改善」「SNS活用」のご相談なら宮城県よろず支援拠点へお気軽にお電話ください。

---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
---------------------------------------------------------

<筆者>
宮城県よろず支援拠点コーディネーター 出水彩子。
これまで海外でのインフラ公共事業や、女川町の復興事業等に携わっており、県内事業者さまの支援に熱意を持って取り組む。得意分野は財務・管理会計で、数字の面から企業を支える。
2020.06.14 21:26 | 固定リンク | 経営ミニコラム
【宮城よろず瓦版0609】
2020.06.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■□■   宮城よろず瓦版   ■□■

            宮城県よろず支援拠点メールマガジン
           http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
           https://www.facebook.com/miyagiyorozu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:宮城県よろず支援拠点

(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線などがずれて
  表示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォントを等幅フォントに変更さ
  れることをお勧めします。


┌────────────────────────────────────
│●今回の目次
└────────────────────────────────────
 (1)今週のトピックス

 (2)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ

 (3)支援事例紹介:店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ|バショカリ

 (4)よろず支援拠点 テレビ相談のお知らせ

 (5)各種支援策・補助金等のご案内

 (6)編集後記



┌────────────────────────────────────
│(1)今週のトピックス
└────────────────────────────────────
 
 みなさま、こんにちは。

 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。
 新型コロナウイルス対策の第2次補正予算案が、8日に審議入りしました。今
 週中には国会通過の見通しです。

 持続化給付金の対象枠の拡大や、家賃支援給付金など事業者さまを広くご支援
 するスキームを、国が連日連夜検討しております。その他の施策も、当拠点の
 メルマガで順次説明を行っていきたいと思いますので、引き続きウォッチして
 くださいね!

 今週のメルマガの必読ポイントは2つあります。

  1つはミニセミナーです。今月から継続的に開始していますし、新型コロナ
  感染拡大防止の観点からWebセミナーで配信していますので、お時間さえ
  合えば参加しやすいと思います。

  もう1つは、支援事例のご案内です。これまで当拠点でご支援させて頂いた
  内容を、今後も順次発信していきます。他の事業者がどんな取り組みをして
  いるのかを参考になさってください。

 それでは今週のメルマガをどうぞ!




┌────────────────────────────────────
│(2)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ
└────────────────────────────────────

 経営者向けセミナーや、営業・財務担当者にも役立つ勉強会を開催しています!
 ぜひお気軽にご参加下さい。

 ●ものづくり補助金申請のための事業計画を自分で作る(全4回)
  【日時】1回目 6月 9日(火) 13:30~14:30 ★満員御礼 実施済み
      2回目 6月26日(金) 13:30~14:30
      3回目 7月 3日(金) 13:30~14:30
      4回目 7月14日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邉 明代(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/304514107222495/
  【概要】ものづくり補助金の概要と事業計画作成ポイントを計4回のセミナー
      で解説。セミナー受講後も個別相談にて継続支援致します。事業計画
      書をご自身で作成しましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●無料で作る採用ホームページ「Engage」導入編
  【日時】6月12日(金) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邊 徹(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/1050633988670750/
  【概要】人材採用成功のためには、採用ホームページを用意することはもはや
      必須です。近年では無料で作成ができるものも増えてきました。この
      機会に時間を作って採用活動の見直しと採用ホームページ作成を行い
      ませんか?
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●あなたも使える!雇用調整助成金の申請いろは
  【日時】6月12日(金) 10:00~11:00
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】神植 功行(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/345978219697061/
  【概要】新型コロナの影響から、雇用調整助成金の申請をしてみたいが、何か
      ら手を付けて良いかわからない事業者向けに、活用できるかどうか、
      申請するポイントを分かりやすく説明します。
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html



 ↓↓↓ ここからのセミナーは企画中です。近日参加可能になります ↓↓↓

 ●社長が本気を出せば採用はもっとうまくいく!
  会社の魅力を伝える求人票作成セミナー
  【日時】6月23日(金) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邊 徹(当拠点コーディネーター)
  【ページ】今後開設します
  【概要】採用できないとお悩みの事業者さんほど、求人票の作成をスタッフに
      任せっきりにしているってご存知でしたか?今や採用・育成は社長の
      重要な仕事でもあります!社長がちょっと本気を出せば、もっと採用
      はうまくいきます。ぜひ求人票をブラッシュアップしてみましょう!
  【申込】今後受付いたします


 ●小さな会社こそ活用したいプレスリリースセミナー
  【日時】6月29日(月) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】佐藤 創(当拠点チーフコーディネーター)
  【ページ】今後開設します
  【概要】新聞やテレビから取材を受けるのって効果的な広報の手段ですよね。
      取材が来るのを待つのもいいんですが、ちょっとの工夫で自分から
      呼び込むことができるんです。お金をかけずに効果抜群のプレスリ
      リースを活用する具体的ノウハウをお伝えします。
  【申込】今後受付いたします


 ●-小規模事業向け-動画配信の始め方 WEBセミナー
  【日時】6月30日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】玉手 敏順(当拠点コーディネーター)
  【ページ】今後開設します
  【概要】いまや動画配信は有効な広報手段の1つ。文字や絵だけの広報より
      高い効果があります。お金をかけず効果的な動画配信をするための
      具体的ノウハウを伝授します!
  【申込】今後受付いたします




┌────────────────────────────────────
│(3)支援事例紹介:店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ|バショカリ
└────────────────────────────────────

 ●店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ | バショカリ
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00189.html


 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。

 メルマガでは当拠点でご支援させて頂いた事業者さまの支援事例・成果事例を
 継続的に発信していきたいと思います。

 まずは初回ということで、足掛け2年のご支援で新規事業をリリースされた、
 株式会社Lucky Orange Boxの舘内(たてうち)社長の支援事例をご紹介します。

 支援に関する感想など、インタビュー形式でまとめておりますので、ぜひご覧
 ください!


 ●店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ | バショカリ
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00189.html

 【経営個別相談の申込・連絡先】
  宮城県よろず支援拠点
  電話:022-393-8044
  メール申込:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp#contact




┌────────────────────────────────────
│(4)よろず支援拠点 テレビ相談のお知らせ
└────────────────────────────────────

 「新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減、、」
 
 「お客様が一か所に集まる3密を回避した商品販売の仕方はないのか、、?」
 
 「社内の規定で他の場所での相談会やセミナーに参加できない」
 

 そんな事業者さまの声に対応するため、宮城県よろず支援拠点ではTV会議シス
 テムを活用し、遠隔での経営テレビ相談を開始します!スマホ1つあればだれで
 も実施できるので、お店や事務所にいながら、お手軽に経営相談が可能!

 新型コロナウイルス感染拡大対策として今年度は通年で実施しています。通常の
 面談形式の相談を、TV会議での相談に切り替えられますから、どんどん活用し
 てください!!
 
 【テレビ相談の詳細】
 http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00171.html

 【テレビ相談の予約はこちら】
  宮城県よろず支援拠点
  電話:022-393-8044
  メール申込:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp#contact




┌────────────────────────────────────
│(5)各種支援策・補助金等のご案内
└────────────────────────────────────

◆公益財団法人仙台市産業振興事業団
 「飲食店・小売店向けオンラインセミナー」のご案内
  ~ お客のファンづくり実践ポイント ~

 今回のセミナーでは、新規の顧客を獲得し既存の顧客を囲い込み顧客リピート
 の促進に繋げる、お店のファンづくり実践ポイントについてお話しします。具
 体的には「新しい生活様式」の中で新規顧客を獲得する方法、既存顧客をファ
 ン化する方法及びホームページ、SNS、アナログクーポンの活用等について分
 かりやすくご紹介いたします。
 今回のセミナーはオンラインセミナーとなっており、パソコン、スマートフォ
 ン等で気軽に受講する事が出来ます。

 ・日時 
   令和2年6月15日(月) 14:00~17:00
 ・会場 
   Web会議システム「Zoom」によるオンライン開催
 ・対象者
   新規顧客を獲得する方法、既存顧客をファン化する方法について
   知りたい方等
 ・定員 
   飲食店・小売店の経営者、従業員等25名(先着順)
 ・参加費 
   無料
 ・内容・申込方法等の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
   https://www.siip.city.sendai.jp/n/2020/0615/01.html
 ・締切 
   令和2年6月12日(金)

 ・お問い合わせ
   公益財団法人仙台市産業振興事業団
   TEL 022-724-1122  FAX 022-715-8205
  E-mail keieishien@siip.city.sendai.jp 



┌────────────────────────────────────
│(6)編集後記
└────────────────────────────────────

 毎週月曜発行が原則のメルマガですが、連日のコロナ関連相談対応も多く、少々
 遅れての発行となっております。

 しばらくは遅れがちになるかもしれませんがぜひ楽しみにして頂けますと幸いで
 す。

 メルマガで取り上げてほしいことや、知りたいこと、ご意見・ご要望などなんで
 も構いませんのでコメントを頂けますと大変うれしいです。今後の参考にしたい
 のでよろしくお願いいたします(本メールへの返信にてコメント頂ければ幸いで
 す)!

 今週も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 ※誤字脱字が無いように注意しておりますが、なにぶん分量が多く時々まぎれ込
  んでしまします。その際はご指摘を頂けますと大変助かりますので、よろしけ
  ればご連絡頂きたく思います。

 (メルマガ筆者:宮城県よろず支援拠点・佐藤 創)


--------------------------------------------------------------------------
◆配信停止、送信先変更などは、こちらまでメールでお知らせ下さい。m(__)m
email:yorozu@office.miyagi-fsci.or.jp
--------------------------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
--------------------------------------------------------------------------
店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ | バショカリ
2020.06.09


<Zoomでの面談風景:LuckyOrangeBox舘内社長(左)・よろず支援拠点 佐藤(右)>




【事業者さまのご支援事例の紹介:新サービスリリース】

宮城県よろず支援拠点の佐藤です。

飲食店やネイルサロンなどを出店する際に、家賃負担が大きくて大変という声を聞きます。ましてやこの新型コロナの影響で、さらにリスクが高まっており、新たな出店や開業に踏みとどまってしまう方が多くいらっしゃると思います。


そんな方に朗報です。仙台市の百貨店フォーラスさんとタッグを組み、テナントへの出店を複数の事業者でシェアできて、かつ賃貸契約期間も短期間からOKという、新サービスがリリースされました。

「店舗を借りるのもシェア&サブスクの時代へ」を合言葉に、「バショカリ」サービスを新規リリースしたのは、当拠点で継続的にご支援をさせて頂いている、株式会社LUCKY ORANGE BOXの舘内(たてうち)社長です。

舘内さんは、「不動産をシェア&サブスク*1することで、気軽に新しいことにチャレンジできるようになると思います。趣味だったものや好きなことを、リスク低く展開できる土壌をつくることで、仙台を新しく楽しい街にしてきたい」と仰っています。

【*1:サブスク】サブスクリプションの略。サービスの販売方式の1つで定額購入方式のこと。月額購入がおおく、サービス購入・解約がしやすく柔軟な契約形態から近年多くのサービスがこの形態を採っている。

今回は、当方が継続的にご支援をさせて頂いた株式会社LUCKY ORANGE BOXの舘内社長へ、サービスリリースまでの道のりなど、ざっくばらんにインタビューさせて頂きました。その内容をご紹介いたします(インタビュアー及び文責はよろず支援拠点・佐藤です)。



●バショカリ
 https://bashokari.com/








●インタビュー記事

-よろずに来訪したきっかけを教えてください。

 初めて来たのは2018年4月です。バショカリの構想があってそれを実現したいと考えていて、当時流行っていたシェアリングサービスを使いながら街を盛り上げたいと思っていました。事業を立ち上げるにあたって、サービスのシステムを導入するのにIT導入補助金が使えないかと考え、周りの事業者に聞いてよろず支援拠点を知って相談しようと思いました。




-よろずに相談したことはどういったことでしたか?

 そもそも不動産の知識がなかったので、場所をシェアする際の契約が正しいのか、といった点を拠点の弁護士と継続してブラッシュアップしました。

 あとは、サイトのシステムを導入するWeb会社といっしょに訪れて、佐藤さんに継続的にIT導入補助金の事業者登録からツール登録、その後の当社としての補助金申請、システム導入、サービスのリリースまで足かけ2年にわたって相談をさせて頂きました。思えば長い期間相談していたんですね笑

 バショカリサービスの内容が分かりやすいか、どのように集客するべきかなど、繰り返し何度も何度も相談させて頂いて、やっと今の形でリリースすることができました。




-よろず支援拠点に相談してどう思いましたか?感想などお聞かせください。

 細かく対応してもらい、根気よくお話を聞いてもらい提案してもらいました。迷っているところがあったのが、いろんなアイディアをもらってカタチにすることができました。一人で考えるよりもすごく良くて、本当に助かりました




-バショカリのサービスが浸透することで、仙台がどんな場所になると良いと考えますか?

 バショカリは、店舗テナントを各社で分割して小分けして貸すことによって費用を抑えられるシェア事業。まずは百貨店フォーラスのテナントから始めることができました。

 今は、新型コロナで家賃問題があって、新規出店などがしにくくなりました。バショカリは、スモールスタートし、リスクをおさえながら展開するためには良いサービスだと考えています。今後サービスが広がっていくことで、仙台市があたらしい挑戦ができる場所になればいいと思っています。これからは副業も多くなってくると思うので、自分の時間で好きなこと・特技を生かして気軽に新しい商売ができるような街になってくればよいと考えています。

 個人的に思うのは、街を見ていてもエッジがかかっていないコモディティ化した店舗が増えてきた印象なんです。バショカリサービスを使えば、気軽にスタートアップ企業が増え、趣味レベルでも、自由なアイディアでお店が作りやすくなると思います。そうなると個性的なお店ができるので、面白い街になると期待しています。




-最後に、よろず支援拠点に相談しようか迷っている人へのメッセージがあればお願いします。

 すごく気軽に相談できる場所なので、迷ったらとりあえず足を運んで話をきけば、良いきっかけになると思います。周囲の経営者は、よろず支援拠点のことをあまり知らない方が多い印象です。相談したい経営者は多いはず。経営者も万能ではなく、得手不得手があるので、ふらっと訪れていろんな相談ができる場所があるとすごく助かるんじゃないかと思います。







インタビューは以上です。皆様も当拠点へご相談にいらしてくださいね。



「資金繰りをなんとか安定させたい」

「こんな商品のアイディアがある」

「今後の経営計画を考えたい」


そういった事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。まずはお気軽にお電話ください。

想いをカタチにする経営相談所、それが宮城県よろず支援拠点です。

 

経営のお悩み解決します。

あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 

---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
---------------------------------------------------------

<筆者>
宮城県よろず支援拠点チーフコーディネーター 佐藤創。
経営革新や商品開発、広報など売上拡大に直結する具体的で斬新な提案が持ち味。
個人のミッションステートメントは、“あなたの「現状を変えたい」思いを確実に形にし、未来と感動を創り出す変革の経営コンサルタント”。現状からの変革を通じ、相談者の未来と感動を共創することこそが、自身のミッションであり最大の喜びでもある。

※「よろず支援拠点のお仕事」として佐藤のインタビュー記事が掲載されています。
https://yorozu.smrj.go.jp/recruit/voice_miyagi/
2020.06.09 11:55 | 固定リンク | 支援事例
【宮城よろず瓦版0602】
2020.06.02
発行日:2020/06/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■□■   宮城よろず瓦版   ■□■

            宮城県よろず支援拠点メールマガジン
           http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
           https://www.facebook.com/miyagiyorozu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:宮城県よろず支援拠点

(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線などがずれて表
  示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォントを等幅フォントに変更される
  ことをお勧めします。


┌─────────────────────────────────────
│●今回の目次
└─────────────────────────────────────
 (1)今週のトピックス

 (2)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ

 (3)よろず支援拠点チーフコーディネーターの経営コラム

 (4)よろず支援拠点 テレビ相談のお知らせ

 (5)各種支援策・補助金等のご案内

 (6)編集後記



┌─────────────────────────────────────
│(1)今週のトピックス
└─────────────────────────────────────
 
 みなさま、こんにちは。

 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。まだまだ新型コロナの影響が冷めやらぬ中、令
 和2年度補正予算案が閣議決定されました。

 この後、国会での審議を経て採択となります。今回の補正予算案には、注目度が高
 い「家賃支援給付金」が含まれています。

 ●家賃支援給付金の概要について(リンク先:ミラサポプラス)
  https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/488

 新型コロナによる緊急事態宣言の長期化等によって影響を受けた事業者の家賃補助
 をする目的で導入されます。その他の施策も、当拠点のメルマガで順次説明を行っ
 ていきたいと思います。


 今週のメルマガの必読ポイントは、以下のミニセミナーです。

  「ものづくり補助金の事業計画を、4回のミニセミナーで作りあげてしまう」
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 というお得なものです!昨年度の支援先のものづくり補助金採択率100%の敏腕
 コーディネーターの渡邉が担当します。無料で受講できますので、この機会をお見
 逃しなく!


 あと経営コラム「中小企業・小規模事業者だからこそ取り組めるWithコロナ時代の
 処方箋」も、引き続きお読みいただければと思います。

 それでは今週のメルマガをどうぞ!




┌─────────────────────────────────────
│(2)よろず支援拠点ミニセミナーのお知らせ
└─────────────────────────────────────

 経営者向けセミナーや、営業・財務担当者にも役立つ勉強会を開催しています!
 ぜひお気軽にご参加下さい。

 ●ものづくり補助金申請のための事業計画を自分で作る(全4回)
  【日時】1回目 6月 9日(火) 13:30~14:30
      2回目 6月26日(金) 13:30~14:30
      3回目 7月 3日(金) 13:30~14:30
      4回目 7月14日(火) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邉 明代(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/304514107222495/
  【概要】ものづくり補助金の概要と事業計画作成ポイントを計4回のセミナーで解
      説。セミナー受講後も個別相談にて継続支援致します。事業計画書をご自
      身で作成しましょう!
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●無料で作る採用ホームページ「Engage」導入編
  【日時】6月12日(金) 13:30~14:30
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】渡邊 徹(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/1050633988670750/
  【概要】人材採用成功のためには、採用ホームページを用意することはもはや必須
      です。近年では無料で作成ができるものも増えてきました。この機会に時
      間を作って採用活動の見直しと採用ホームページ作成を行いませんか?
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html


 ●あなたも使える!雇用調整助成金の申請いろは
  【日時】6月12日(金) 10:00~11:00
  【形態】Webセミナー
  【費用】無料
  【人数】先着3~5名程度
  【講師】神植 功行(当拠点コーディネーター)
  【ページ】https://www.facebook.com/events/345978219697061/
  【概要】新型コロナの影響から、雇用調整助成金の申請をしてみたいが、何から手
      を付けて良いかわからない事業者向けに、活用できるかどうか、申請する
      ポイントを分かりやすく説明します。
  【申込】http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/seminar.html




┌─────────────────────────────────────
│(3)よろず支援拠点チーフコーディネーターの経営コラム
└─────────────────────────────────────

 ●Vol.02 「星野リゾートに学ぶ、小規模事業者のコロナ時代を生き抜く処方箋」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00187.html


 宮城県よろず支援拠点の佐藤です。

 新型コロナウイルス感染症への対策は、「新しい生活様式」を生み出しただけでなく、
 わたしたち事業者へも「新しい事業様式」を求めてきています。
            ・・・・・・・
 
 中小企業・小規模事業者だからこそ取り組めるWithコロナ時代の処方箋について記載
 する経営コラムの2回目です。

 観光リゾート事業を行う星野リゾートは、このコロナ禍をどのように乗り切ろうとし
 ているのでしょうか?

 またその取り組みから、わたしたちもヒントを得られないでしょうか?

 今回は星野リゾートに学ぶ、小規模事業者のコロナ時代を生き抜く処方箋です。


 皆様大変な時期とは思いますが、1つの考えとしてお読みいただければと思います。
 ぜひとも感想など頂ければ幸いです。感想等は本メールへの返信をして頂ければ大丈
 夫です。


 ●Vol.02 「星野リゾートに学ぶ、小規模事業者のコロナ時代を生き抜く処方箋」
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00187.html

 コロナの時代を生き抜くために当拠点も一緒に知恵を振り絞りますので、まずは一人
 で悩まず、お気軽にご連絡を頂ければと思います。

 【連絡先】
  宮城県よろず支援拠点
  電話:022-393-8044
  メール申込:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp#contact




┌─────────────────────────────────────
│(4)よろず支援拠点 テレビ相談のお知らせ
└─────────────────────────────────────

 「新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減、、」
 
「お客様が一か所に集まる3密を回避した商品販売の仕方はないのか、、?」
 
「社内の規定で他の場所での相談会やセミナーに参加できない」
 

 そんな事業者さまの声に対応するため、宮城県よろず支援拠点ではTV会議システム
 を活用し、遠隔での経営テレビ相談を開始します!スマホ1つあればだれでも実施で
 きるので、お店や事務所にいながら、お手軽に経営相談をすることができます。

 新型コロナウイルス感染拡大対策として今年度は通年で実施しています。通常の面談
 形式の相談を、TV会議での相談に切り替えられますから、どんどん活用してくださ
 い!!
 
 【テレビ相談の詳細】
 http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00171.html

 【テレビ相談の予約はこちら】
  宮城県よろず支援拠点
  電話:022-393-8044
  メール申込:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp#contact




┌─────────────────────────────────────
│(5)各種支援策・補助金等のご案内
└─────────────────────────────────────

◆「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(第10次)募集」のご案内

 東日本大震災により被害を受けた津波浸水地域(岩手県、宮城県)及び福島県(避
 難指示区域等を除く)の一部地域を対象に工場等の新増設を行う企業を支援し、雇
 用の創出を通じて地域経済の活性化を図ります。

 ・公募締切 令和2年7月20日(月)正午必着(郵送のみ)
 ・公募の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
  <みずほ情報総研HP>
   https://www.mizuho-ir.co.jp/topics/tsunami-ritti/seizo10/02.html
 ・応募方法
  (1)みずほ情報総研のHPから「公募要領等」及び「応募様式一式」をダウンロード
  (2)ダウンロードした様式に必要事項を記入
  (3)応募書類を事務局(みずほ情報総研)及び宮城県産業立地推進課の2者宛てに
 ・お問い合わせ
  「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」事務局(みずほ情報総研)
    TEL 03-6826-8611  FAX 03-6826-5060
    E-mail tsunami-ritti@mizuho-ir.co.jp



◆宮城県 「令和2年度 みやぎ認定IT商品」募集開始のご案内

 宮城県では、本県の情報産業の振興を図るため、県内のIT関連企業等が開発し販売
 する優良なソフトウェア商品を「みやぎ認定IT商品」に認定し、販路拡大等の支援
 を行っております。

 ・認定の対象となる商品
  以下の(1)~(4)の要件を全て満たす商品
  (1) 県内IT関連企業等(宮城県内に本社又は本店、製品開発拠点を置くソフト
    ウェア等の開発を行う企業又は共同体)が自ら開発し、販売するもの
  (2) ソフトウェア商品であるもの(ハードウェアに搭載されているものも含む)
  (3) 認定時に開発が終了し、販売されているもの又は販売されることが確実なもの
  (4) 独自性、新規性、有用性、有益性が認められる商品で、その利用拡大が期待さ
    れるもの ※申請後に有識者による審査会で審査。
 ・認定期間 
   認定日から令和4年度末
 ・認定後の支援
   県HPでの公表、展示会共同出展、ロゴマークの提供、専門家による支援、補助金
   の交付など
 ・募集期間
   令和2年5月11日(月)~7月17日(金) 17:00 必着
 ・内容・申込方法等の詳細
   https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/shinsan/it-trial.html




┌─────────────────────────────────────
│(6)編集後記
└─────────────────────────────────────

 よろず支援拠点開設から7年目にして、メルマガの形式を変えさせていただきまし
 た。より読みやすく、体系的にするとともに、みなさまとの対話のツールとしても
 ご利用いただければと考えております。

 メルマガで取り上げてほしいことや、知りたいこと、ご意見・ご要望などなんでも
 構いませんのでコメントを頂けますと大変うれしいです。今後の参考にしたいので
 よろしくお願いいたします(本メールへの返信にてコメント頂ければ幸いです)!

 今週も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 ※誤字脱字が無いように注意しておりますが、なにぶん分量が多く時々まぎれ込ん
  でしまします。その際はご指摘を頂けますと大変助かりますので、よろしければ
  ご連絡頂きたく思います。

 (メルマガ筆者:宮城県よろず支援拠点・佐藤 創)


----------------------------------------------------------------------------
◆配信停止、送信先変更などは、こちらまでメールでお知らせ下さい。m(__)m
email:yorozu@office.miyagi-fsci.or.jp
----------------------------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
----------------------------------------------------------------------------
星野リゾートに学ぶ、小規模事業者のコロナ時代を生き抜く処方箋
2020.06.01


宮城県よろず支援拠点の佐藤創です。

先日、令和2年度第2次補正予算案が閣議決定し、今月中には国会の審議を経て予算通過となる見込みです。本予算案には、


  • 持続化給付金の継続

  • 新型コロナ特別枠融資(実質無利子・無担保)の継続

  • 雇用調整助成金の拡充

  • 中小企業生産性革命推進事業(ものづくり・持続化・IT補助金)の拡充

  • 家賃支援給付金の新設



などなど、更なるコロナ禍対策が盛り込まれています。



我々よろず支援拠点をはじめとした支援者は、こうした制度の利活用をみなさまにご案内し経済回復を図りたいと考えています。制度のいろいろな不足など指摘する声があることは重々承知しておりますが、だからこそ、私たち支援者がその隙間を「知恵と工夫」で補っていくことが求められていると、肝に銘じております。

本日も、「小規模事業者だからこそ実行できる、Withコロナ時代への処方箋」というテーマで、今後の事業展開のヒントをお届けします。何かのヒントになれば幸いです。

 

(1)星野リゾートに見る、コロナへの対応策

さて本日は、国内外に42施設を運営する星野リゾート(長野県軽井沢町/代表 星野佳路)のニュースリリースから、今後の事業者さまが取るべき「コロナ対策の方向性」を考えてみたいと思います。
 

●ニュースリリース(外部サイトへリンクします)
 【星野リゾート】大浴場の混雑度がスマホで分かる「3密の見える化」サービス開始|対象:界、星のや軽井沢、リゾナーレ熱海(計15施設)|開始日:2020年6月1日

 

リリース記事では、オリジナルのWebシステムを導入して、大浴場の混雑度を客室から「見える化」する仕組みを紹介しています。これによって大浴場における3密を回避する仕組みで、安心安全の旅行を提案するサービスの1つです。星野リゾートでは「最高水準のコロナ対策宣言」の元、3密回避を徹底した安心安全の旅行体験を提案する取り組みを継続しているほか、Withコロナ期の旅行として、「マイクロツーリズム」という概念を提唱しています。


  • 星野リゾート(長野県軽井沢町/代表 星野佳路)は、新型コロナウイルスの影響が観光業界に及び、不安視される中、長期化するWithコロナ期における旅のあり方として、遠方や海外をイメージすることが多い「旅」を、地元に目を向けて楽しむ「マイクロツーリズム」を推進することで、コロナ期の旅行ニーズに合わせたサービスや、地元を深く知るきっかけ作り、そして感染拡大を防止しながら地域経済を両立する観光など、新たな旅のあり方を創造し、提案します。
    (引用:星野リゾートWebサイト ニュースリリース2020/05/29)



こうした取組みの手法は、他の企業でもとても参考になると考えます。星野リゾートの良い取り組みを、どのようにしたら小規模事業者に横展開できるでしょうか?

  
  
  

(2)コロナへの対応取り組みの順序と戦略

星野リゾートに見る取り組み順序を一般化すると、以下のようにまとめることができます(あくまで当方個人の考えです)。

①新型コロナ感染拡大への対策を徹底的に行っている事の「見える化」
 →安心・安全の場の提供


②Withコロナの時代に対応するサービス展開の方針を「宣言」
 →サービス方針の提案


③顧客の共感を得ながら事業を展開する
 →事業の実行



まずは、新型コロナ感染拡大への取り組みを「見える化」することで「安心安全の場である」ということを発信しないかぎり、顧客は安心して戻ってくることができません。対策を徹底している事のPRが競合との差別化の1つの要素になり得ます。まずはここを徹底することが必要です。

その次に、Withコロナの時代に適応したサービスの方針を、特別な名称を付与して「宣言」します。事例では「マイクロツーリズム」が該当します。「今後はマイクロツーリズムが熱いよ」というメッセージが顧客に届いて初めて、「ふーん、言われてみるとたしかにそうだ」と考えてもらうことができます。Withコロナの時代に適した新しいサービスを始めようにも、その方針を顧客に分かりやすく届けなければ、理解さえしてもらえないのです。

最後に、安心安全の場で、あらたなサービス方針で運営するので、「これこれこういったスケジュール感で進めていきます、こうご期待」としめます。そうすると顧客は、「いつごろにこんなサービスができて、その次はこれか。ちょっと気になるからのぞいてみるかな。体験してみるかな」といった気持になり、

 顧客の興味関心を引く
    ↓
 取り組みに共感する
    ↓
 事業者を応援したくなる

といった流れで顧客をファン化することができるのです。







(3)小規模事業者への適用

この流れを小規模事業者にも適用しましょう。
実は、小規模事業者こそ、こうした顧客とのコミュニケーションを通じた「顧客のファン化」「顧客の応援団化」がやりやすいのです。

実際、飲食店やマッサージ店・サロンでも「コロナの影響が甚大とまでは出なかった」というところが、小規模事業者に多くあったという事を、支援の現場で目の当たりにしています。もちろん売上減少の影響は全業種で発生しているのですが、それでも「コロナの影響はどうですか?」と尋ねたところ、

 「売上は減ってるけど、思ったほどじゃなく何とかやれてるよ」

 「常連さんが応援してくれてるから、おかげさまでなんとかつながってるよ」

と回答を頂いたところが多くあります。

こうした事業者は、太いお得意様を持っている事業者さんです。コアな顧客が当店のファンとなり、様々な取り組みを後押しし、応援してくれるお店がコロナ禍に強かったのです。

コロナ禍は「本当に必要なお店や会社・事業の存在を、より鮮明にした」のだと思います。コロナ禍を耐え抜いた事業は、お客様から本質的に必要とされていたと言えるでしょう。




例えば飲食店(居酒屋)での取組み事例を簡単に考えましょう。

・まずSNSやWebサイト、常連さんを通じて「3密対策を徹底」していることを周知します。

・次に当店のWithコロナ時代へのサービス取組みの方針をしっかり「宣言」します。
 例えば、、、


  • 居酒屋がデリバリーを強化することで、お客様はおうちにいながら通いなれた居酒屋のおつまみ等を飲食できることをサービス基本方針とし、居酒屋の楽しみをご自宅へお届けする「おうち居酒屋」宣言をする。

  • 居酒屋がテイクアウトを強化することで、夕食準備をする主婦向けにスーパー以外の惣菜購入の場を提供することをサービス基本方針とし、居酒屋惣菜をおうちで楽しむことでの「居酒屋惣菜店」宣言をする。



 こういった「宣言」によって顧客は、「そうか、当店は今後そういった方針に取り組んでいくんだな」と初めて認識することができるようになります。なんとなくデリバリーやテイクアウトに対応するよりも、しっかりと記憶に残ることができます。


そうすれば、当店の新たな使い方を顧客に提案でき、顧客ニーズと合致していれば新たな利用シーンでの消費をしてもらえます。それが顧客や消費者のWithコロナ時代の心理やニーズにマッチしていればいるほど、共感が生まれ、そこから応援してもらえるようになります。

単なるデリバリーやテイクアウト・メニュー開発だけよりも提案力がありますし、それが共感→応援の心理を生みだすこともできます。

Withコロナ時代のサービスは「尖っていなくても良いので、どんな方向でサービス展開するのか」を既存客や固定客さんの顔を思い出しながら提案していく、顧客とのコミュニケーション・プロセスを経由するものであろうと考えます。


顧客1人1人の顔が見えやすい小規模事業者さんほど、こうした変化の時代にしっかりとお客様の想いやニーズをくみ取った事業展開ができるはずです。


不特定多数の「誰か」の顔をみるよりも、今まで支えてくれた「あの人」に喜ばれるサービスを提供していきましょう。それが「共感する人この指とまれ」の流れで広まっていき、同じ価値観の根強いファンをさらに生み出していくのではないかと思います。



「資金繰りをなんとか安定させたい」

「こんな商品のアイディアがある」

「今後の経営計画を考えたい」


そういった事業者様の想いを受け止め、確実にカタチにするのが、当拠点です。
まずはお気軽にお電話ください。

想いをカタチにする経営相談所、それが宮城県よろず支援拠点です。

 

経営のお悩み解決します。

あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 

---------------------------------------------------------
★想いをカタチにする経営相談所・宮城県よろず支援拠点★
 
 経営のお悩み解決します。
 あなたのチャレンジ、本気でカタチにしませんか?
 
 宮城県よろず支援拠点は、中小企業庁から受託された
 無料の経営相談所です。個人・法人問わず無料で何度
 でもご利用頂けます。

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
TEL : 022-393-8044 FAX : 022-393-8045
 
Web: http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
facebook: https://www.facebook.com/miyagiyorozu/
メルマガ登録:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/mail/mailcontact.html
ブログ:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/
---------------------------------------------------------


<筆者>
宮城県よろず支援拠点チーフコーディネーター 佐藤創。
経営革新や商品開発、広報など売上拡大に直結する具体的で斬新な提案が持ち味。
個人のミッションステートメントは、“あなたの「現状を変えたい」思いを確実に形にし、未来と感動を創り出す変革の経営コンサルタント”。現状からの変革を通じ、相談者の未来と感動を共創することこそが、自身のミッションであり最大の喜びでもある。

※「よろず支援拠点のお仕事」として佐藤のインタビュー記事が掲載されています。
https://yorozu.smrj.go.jp/recruit/voice_miyagi/
2020.06.01 14:31 | 固定リンク | 経営ミニコラム

- CafeNote -