人手不足時代の経営戦略(2/3)
2018.09.25


宮城県よろず支援拠点コーディネーターの佐藤創です。

人手不足時代の経営戦略と題した連続コラムの2回目です。

前回は、現在の人手不足は人口構造に基づく変化であり、今後大きく改善することはないと述べました。

今回は外部環境がどのように変化したのかを紐解いていきます。具体的には、人口構造の変化や求職者の就労意識の変化についてみていきましょう。

これによってもはや今まで常識だった求人像や人事戦略が成り立たなくなってきつつあることを感じて頂ければと思います。



1.人手不足時代においても企業が求める人材像は昔から何も変わっていない

人手不足時代において、企業が求める人材像には変化があったのでしょうか?
興味深い統計情報があるので見てみましょう。アンケートで「人手不足だ」と回答した企業が求める人材についてです。



企業は、社会経験のある即戦力人材を求めていることがわかります。

これは以前から同じ傾向があり、人手不足時代においても以前とおなじ求人像を描いていることがわかります。


次に、人員が確保できない理由のアンケート結果も見てみましょう。



なんと、「自分の地域に求める人材がいない」と回答している割合がずば抜けて多いです。

これは本当なのでしょうか?

本当に地域に人材がいないのか、はたまた「企業が求める人材像が誤っている」または「企業が求める人材像と、地域人材のミスマッチが起きている」のでしょうか?




2.生産年齢人口の減少は止まらない

企業は今までと同じような求人像を描いており、かつ地域に人材がいないと嘆いています。
では、働く生産年齢人口の変化はどうなっていくのでしょうか。今後の生産年齢人口の推移を描いたグラフを見てみましょう。




生産年齢人口は減少の一途をたどります。このように、人材がどんどん少なくなっていく将来において、企業は今までと同じような求人像を描いていて大丈夫なのでしょうか。

もう1つ有名なグラフを紹介します。ワークライフバランス社の小室氏が書籍等で提唱する、人口オーナス時代への突入についてです。




現在は、生産年齢人口1人あたり、0.7人の非生産年齢人口を支えている格好になっています。しかし2050年ころには、支える非生産年齢人口が0.9人にまで増加することを示すグラフです。

このように生産年齢人口の減少は歯止めがかからない状況になると推測されています。

そんな時代に「自分の地域には人材がいない」などと悠長なことを言っていては事業そのものが成り立たないのです。




3.シニア・女性の活用を見据えた、求人像を見つめなおす

ではどうすればよいのでしょうか?
解決の糸口の1つは、シニア・女性・海外人材の活用です。

生産年齢人口の定義は、15~64歳の人口です。しかし、今の世の中65歳以上のシニアも元気で、バリバリ働ける方も多いのです。

ちょっと見方を変えて、生産年齢人口に65~75歳くらいのシニア層も含めてしまい、シニアにも働いてもらえれば、人手不足の状況も少しは改善するのです。


では、シニアの活用や働く意欲はどう変化しているのでしょうか。

まずは60歳以上のシニア層の雇用状況推移を見てみましょう。



年々活用が進んでおり、就労者が多いことがわかります。

次に、シニアの働く意欲についてみていきましょう。シニア層に何歳まで働きたいか聞いたアンケート結果です。




なんと、「働けるうちはいつまでも」と回答した割合が最も多いのです。

シニア層は働く意欲も高く、かつ年々活用も進んでいます。
しかしまだまだ活用は十分とは言えません。


それはなぜか?

シニア層が就職できなかった理由について分析しましょう。




勤務時間が希望と合わないことや、求人の年齢と合わないことが最も多い理由になっています。

つまり、求人側の条件と求職者の条件がアンマッチしているのです。


企業側がシニア活用を本気で考え、シニアでも働きやすい労働環境さえ構築できれば、人材の確保は可能なのです。

つまり企業側の「求人像の見直し」が求められているといえるでしょう。



同じように、女性活用の状況についても見ていきましょう。

まずはM字カーブの変遷についてです。



近年はM字のカーブが緩やかになり、出産・育児を経ても就労を継続する女性が多い傾向を示しています。

それもそのはず。次に専業主婦世帯と、共働き世帯の推移を見てみましょう。




もはや世の中は専業主婦前提ではないのです。
結婚した女性も就労することが前提の社会になっているのです。


女性が就職できなかった理由も見てみます。




シニアのケースと同じく、勤務時間が希望と合わないことや、求人の年齢と合わないことが最も多い理由になっています。

これも企業側の女性活用が考えられておらず、女性が働きやすい労働環境整備ができていないことが原因です。

今後の人材確保・活用には、やはり企業側の「求人像の見直し」が必要になるといえます。




4.今後の人材活用の方針は?

以上までに、生産年齢人口の減少と、シニア・女性活用の状況を見てきました。

今まで通りに、即戦力になってフルタイムでバリバリ働ける人材を容易に採用することは困難になってきています。そのかわり、シニア活用・女性活用ができるようになれば、人材を確保できるチャンスも見えてきました。


それでは、どのような検討を行うことでこれら人材活用が可能になるのでしょうか。

次回は人材確保のチャンスを生かすための、企業側の働き方改革の方針について見ていくことにしましょう。


<筆者>
宮城県よろず支援拠点コーディネーター 中小企業診断士 佐藤 創。
人手不足対応広域アドバイザ。

第1回記事:http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/cafe/html/art/00054.html
第2回記事:本記事
第3回記事:10/04予定
2018.09.25 17:48 | 固定リンク | 経営ミニコラム
奇跡の一発逆転に期待するようになったら危険信号
2018.09.25


宮城県よろず支援拠点コーディネーターの細野です。

経営が切羽詰まってくるとどうしても「一発逆転」的なものに期待しがちです。


「あの○○億円の大型案件さえ受注できれば乗り切れる!」

「○○社との提携の話がまとまればまとまったお金が入ってくる!」

「今度出す新商品が大ヒットすれば持ち直せる!」

・・・などなど。



特に資金的に苦しくなってくると、こういった大きなチャンスで一発逆転を狙いに行きたくなります。

「これさえ成功すればこれまでの失敗は全て帳消しにできる」ことに期待します。


冷静に考えてみれば、これらのことが実現する可能性はほんのわずかです。

しかし、追い詰められた頭ではそのことに気付くことはなかなかできません。

たとえ気付いたとしても認められません。



こうして外部から見ればギャンブルとしか思えないようなハイリスクなことに手を出してしまい、場合によってはそれが決定打となって会社を潰します。

こういった「一発逆転」を狙うようになったらかなり危険な状態なのだと認識しましょう。
おそらく既に正常な判断が出来なくなりつつあります。


経営においては地道にコツコツ手を打って行くことが王道です。

もちろん、どん底からのV字回復の例が無いわけではないし、人の興味を引くこともあって、「一発逆転」ストーリーは取り上げられやすいです。


しかし、実際にはほぼ奇跡のようなものです。

苦しくなっても奇跡に期待をせず、現実を直視して出来ることを1つ1つやっていくことが精神的にはキツイものがありますが一番手堅いと思います。

もちろん1人で思い悩むことはなく、信頼できて冷静な判断ができる相手に相談しながら対処していくのが望ましいでしょう。

相談できる相手がいないという方は、是非一度、よろず支援拠点にご相談してみてくださいね。経験豊富なコーディネーターがあなたのお悩みに真摯に向き合います。


【宮城よろず瓦版0925】
2018.09.25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ■□■ 宮城よろず瓦版 2018/9/25 ■□■

       宮城県よろず支援拠点(だてびず)メールマガジン
         http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
https://www.facebook.com/miyagiyorozu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━
≪だてびずからのお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━

 ○法務、労務、夜間、土曜の相談日【要予約】
   法務相談  9月28日(金)
   労務相談  9月25日(火)
   夜間一般 毎週水曜日 17時~20時
   土曜相談 毎週土曜日  9時~16時

 ○出張経営相談会【要予約】
   気仙沼(気仙沼地方振興事務所)10月17日(水)
   栗原(北部地方振興事務所)  10月19日(金)
   登米(登米地域事務所)    10月18日(木)
   大崎(北部地方振興事務所)  10月17日(水)
   石巻(東部地方振興事務所)   9月25日(火)、10月9日(火)
   大河原(大河原地方振興事務所)10月16日(火)

 【予約申込・日程お問合せはこちらまで】
  TEL:022-393-8044 FAX: 022-393-8045
  http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/


━━━━━━━━━
≪ただいま募集中≫
━━━━━━━━━


◆女性活躍・起業応援 シンポジウム in SENDAI
(七十七銀行・日本政策投資銀行共同企画)

  七十七銀行および日本政策投資銀行は、将来、起業を目指す女性や次世代の女
 性経営者、企業内の女性リーダーなど、地域経済における女性活躍推進への機運
 醸成に向けたシンポジウムを開催いたします。

 ○日 時 平成30年9月26日(水)18:00~20:00 (受付開始 17:30)
 ○会 場 仙台市起業支援センター“アシ☆スタ”交流サロン
      仙台市青葉区中央1-3-1 AER 7階
 ○対象者 起業を目指す女性(学生を含む)、女性起業家、次世代の女性経営者、
  企業内の女性リーダー等
 ○定 員 30名
 ○参加費 無料

 ≪詳細・お申込みはこちら≫
 http://www.77bank.co.jp/pdf/newsrelease/18082907_jskgs.pdf


◆ebiz アカデミー 2018 大崎「グループ コンサルティング講習会」 のご案内
 ? 売上アップにつなげるための4つのミッション ?
(中小機構東北本部・大崎市)

  中小企業基盤整備機構東北本部は大崎市との共催により、ネット通販に取り組
 む中小企業者様を対象とした、全5回のカリキュラムからなるグループコンサル
 ティング講習会を開催します。
  ネット通販での売上アップに取り組みたいとお考えの皆様からの参加をお待ち
 しています。

 ○日時及びテーマ
  第1回 平成30年10月25日(木)14:00~17:00 
    テーマ:現状分析・問題点の把握
  第2回 平成30年11月15日(木)14:00~17:00 
    テーマ:転換率アップで効率の良いサイトへ(1)
          (ネットショップ構築で必要な基礎知識)
  第3回 平成30年12月14日(金)14:00~17:00 
    テーマ:転換率アップで効率の良いサイトへ(2)
          (売れるネットショップ構築)
  第4回 平成31年 1月18日(金)14:00~17:00
    テーマ:売るための集客対策
  第5回 平成31年 2月15日(金)14:00~17:00
   テーマ:客単価アップ、リピート購入、販促企画に向けた対策
 ○会 場 大崎市図書館 第3研修室
      大崎市古川駅前通4-2-1
 ○対象者 ネット通販に取り組む中小企業者様で売上アップに取り組みたいと
      お考えの皆様(所在地は大崎市内外問いません。)
 ○定 員 10社程度(1社あたり原則3名まで)
      応募多数の場合は、主催者による選考により参加を決定します。
 ○参加費 無料

 ≪詳細・お申込みはこちら≫
  http://www.smrj.go.jp/regional_hq/tohoku/event/2018/frr94k000004dd3b.html


---------------------------------------------------------------------------
◆補助事業の公募状況(中小企業庁)
 http://e-net.smrj.go.jp/archives/9540

◆宮城県の補助金情報
 https://www.pref.miyagi.jp/life/7/25/331/

----------------------------------------------------------------------------
◆配信停止、送信先変更などは、こちらまでメールでお知らせ下さい。m(__)m
email:yorozu@office.miyagi-fsci.or.jp
----------------------------------------------------------------------------
売上拡大、経営改善,IT活用など、あらゆる経営課題にお答えします!
中小企業庁委託事業
宮城県よろず支援拠点 電話:022-225-8751(商工会連合会内)
〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-14-2 宮城県商工振興センター2階
FAX:022-265-8009
宮城県よろず支援拠点サテライトオフィス上杉 電話:022-393-8044
〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-8 プロスペール本田3階
FAX: 022-393-8045

email: yorozu@office.miyagi-fsci.or.jp
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
https://www.facebook.com/miyagiyorozu
----------------------------------------------------------------------------

- CafeNote -