人に相談する意味はある?
2018.07.04


「人に相談する意味はある?」



宮城県よろず支援拠点の細野です。

当拠点の存在意義に関わる問題ですが、今日は人に相談する意味について書いてみたいと思います。



特に男性は人に相談するのが苦手と言われています。


更に経営者の方は自分で決めたい、外部からあれこれ言われたくないと考えている方が比較的多い気がします。


私自身も、かれこれ10年以上経営者をやっていますが、元々は人に相談するタイプではなく、相談する意味がわかっていませんでした。



一番の理由としては、「人に相談しても問題は解決しない」と考えており、たとえば売上が上がらない、月末に支払うお金が足りないといった悩みの場合、解決するには「売り先を紹介してくれる」、「資金を融通してくれる」といった直接的な方法でしか解決できないだろうと考えていたからです。



今考えると、非常に短絡的だと思うのですが、その時の私は「何もできないのであれば口だけ出してもらっても意味がない」くらいに考えていました。




しかしその後、大きな失敗をし、これまでの自分を見直すきっかけを得られたことで、私もだいぶ素直に人の話を聞けるようになり、迷ったときは人に相談するようになりました。

人に相談するメリットは色々あると思うのですが、私が一番だと思うのは「自分の考えが整理できる」ということです


まず、悩んでいるときって頭の中がごちゃごちゃしていて自分でも何がなんだかよくわからないということがあると思うのですが、人に客観的な視点から話を聞いてもらうことで、頭の中を整理することができます。


正直、これだけで人に相談する価値があると思います。事実、当拠点に相談にいらっしゃる方の中には、ご自分の話をしていくだけで満足して帰られることもしばしばあります。



また、これは相談を受ける側にある程度の専門性というか能力が必要になりますが、悩みを整理した上で、相談者が抱えている悩みの真の問題点を探り当てることができればなおいいですね。



問題は真の原因が分かれば8割は解決とも言われています。


ちなみに、先ほど挙げた「売り先が無い」、「月末に支払うお金が足りない」というのは問題ではなく、それらはただの事象に過ぎません。


問題と事象をごっちゃにしないようにご注意ください。




そして、問題を解決する際の具体策を検討する際も、客観的な視点から助言してもらうことで、自分だけでは思いつかなかった選択肢や、想定していなかったリスクなどにも気付くことができます。


このように、人に相談することのメリットはたくさんありますし、逆に相談することのデメリットはほとんどありません。営業上の秘密が漏れてしまう懸念があるかもしれませんが、それであればしかるべきところに相談すればよいのです。



当然、当拠点は守秘義務を負っていますので、ご安心してご相談にいらしてください。



最初の一歩には勇気がいるかもしれませんが、もし悩みがあって自分だけでは前に進めなさそうだと思ったら、当拠点の扉を叩いてみてください。



もしかすると、その一歩がきっかけで大きく変わることができるかもしれませんよ。
飲食店の立地の悪さをカバーするには?
2018.06.27


こんにちは。

宮城県よろず支援拠点コーディネーターの工藤です。



経営支援の現場でいろいろなお話をお伺いします。今回は「飲食店を開業したが、立地の悪さでお客様が集まらない」という課題をお持ちの事業者さまへのアドバイス事例をご紹介したいと思います。



同じような課題をお持ちの事業者さまは、ぜひ参考にしていただければ幸いです。




【立地の悪さでお客があつまらない】


今回は、昨年秋に夢を叶えて開業した事業者からの相談内容に対する対応状況の一コマから・・



Q:飲食店を経営しております。当店は月商50万円を超えるところには至っておりません。

立地の悪さも要因のひとつだと思うので、看板をおくことを考えていますが、他によい方法はありますか?



A1【既存のお客様を大切にしてファンになっていただく】
今来ているお客様を大切にすること。またそのお客様が口コミで新しいお客様を連れてきていただけるような商品、サービスを提供すること。(競合店との差別化が重要です。当たり前ですが、今来ているお客様に最大限に満足してもらえるものを提供することが最も大事です。顧客情報を活用してハガキ、DMなども効果的かと・・)



A2【今後リピーターになってくれるようなお客様を新たに開拓すること】
自店からさほど遠くないところに住んでいる、もしくは勤務している方々に愛される店作りをすること。そのためにできる広告宣伝を考えてみる必要があること。(特徴的で人間味があり、人の心理を揺さぶるようなチラシのポスティングなども効果的かと・・)



A3【全く新しいお客様を開拓すること】
オープン当初の広告宣伝が充分でなかったために、お店を知らない方がまだ数多くいるケースが考えられるので、そういった方々に対する広告宣伝を考えること。(地域版女性向け情報誌などへの広告掲載も効果的かと・・)

広告宣伝はお金がかかってしまうことが多いですが、全くなしでは新規客の確保は難しくなります。できるだけ低価格で、なおかつ効果的な媒体を選択することが重要です。



上記の内容に応じてアプローチの仕方が異なりますので、自店に合う方法を検討してみてください。
はてさてこの続きの展開は・・
賢く創業するための活用施策とは?
2018.06.13



■賢く創業するための活用施策とは?




おはようございます。

宮城県よろず支援拠点コーディネーターの菅野です。




宮城県内で創業をお考えの皆様、いろんな支援機関や施策がありすぎて、よくわからないということはありませんか?




このたび、宮城県から県内市町村の創業支援施策が情報発信されました。




国や県の支援施策は良く目にすることはありますが、市町村の支援施策も多く出されています。上手に活用しましょう。




県内14市、20町、1村の行うセミナー、相談窓口、融資制度、助成金及び専門家派遣等一覧が確認できます。




詳細は宮城県公式ウエブサイト・中小企業支援室の「宮城県の創業支援関連情報について」をご覧下さい。
https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/686614.pdf


よろず支援拠点でも創業のご相談を承っております。
ぜひお気軽にお越し下さい。

情報システムの導入だけでないIT利活用。無料で改善も可!
2018.06.06

■情報システムの導入だけではないIT利活用

おはようございます。


宮城県よろず支援拠点コーディネーターの佐藤創です。




人手不足がさらに進んでいる昨今、中小企業でもIT利活用による生産性向上が必須の時代になってきました。




ITは不得意だから、、、


いまさら覚えることはできないから、、、




などと思っていても、今後ますますITを活用しなければならないシーンは増える一方です。


ITに抵抗のない若手を活用するなどして、自社の経営にぜひ取り入れて頂ければと思います。










事業者さまとお話をすると、


「情報システムを入れるほど、うちは余裕がない」


とか


「何を入れていいのか分からない」


といった声をよく聞きます。






ただし、大がかりな情報システムを入れるだけがIT利活用ではありません。


すでにお持ちのExcelを活用することでも、仕事の効率化を図ることができます。
具体的には、Excelのマクロを活用することで帳票を自動作成したり、見積書リストを自動採番したりすることもできます。


実際に、よろず支援拠点でもExcelマクロの作成支援を行い、業務効率化を図っている事業者さまがいらっしゃいます。

Excelマクロの作成支援でしたら、お金は1円もかからずに業務効率化を図ることができます。
場合によっては大幅な改善も見込めます。


ぜひ、目の前の業務改善の余地がないか、よろず支援拠点にご相談にいらしてください。






また小売店や飲食店では、従来のレジではなく、POSレジを導入することで劇的に業務効率が改善します。


POSレジは、販売時点の様々な情報を蓄えることができ、後からその情報をグラフ等で参照することができます。


例えば、売れ筋順のグラフ、利益率の高い順の商品グラフ、時間帯や曜日別の売上高、などなど、、、いままで手集計していたものが自動集計されるので、負担軽減につながります。


POSレジも、タブレット端末(iPadなど)で動作する安価な「モバイルPOSレジ」が出回っていますので、初期投資を大きく抑えることができます。




またクレジットカード決済も、タブレット端末があればできる「モバイルカード決済」システムがありますので、より簡単に導入することができます。










更には、現在「IT導入補助金」が公募されています。


これはソフトウェアの導入をする事業者に向けて、導入費用の1/2を国が負担するものです(上限50万円まで)。


ホームページから会計システムまで、多くの情報システムやソフトウェアの導入が可能になっていますので、ぜひご検討を頂ければと思います。




●IT導入補助金Webサイト
 ⇒https://www.it-hojo.jp/






このように、IT利活用の幅は広く、今後もどんどん拡大する一方となってきます。


IT利活用のイメージがわかない事業者様は、ぜひお気軽によろず支援拠点までご相談下さい。


御社に最適なIT提案をさせて頂きます。

- CafeNote -