折込みチラシの効果を高めるためには
2018.12.17

おはようございます。
宮城県よろず支援拠点コーディネーターの工藤です。

今回の耳寄り情報は、前回(9月)に引き続き、昨年秋に夢を叶えて開業した事業者からの相談内容に対する対応状況の一コマから・・


Q:自作のホームページ開設と、月に1度の新聞の折り込みチラシをメインに自店の商品をPRしています。より効果的な折込みチラシを作るポイントを教えてください。

A:先ずは、これまでの販促活動からうまくいった時とそうでもなかったケースを振り返ってみましょう。ご自身の身の丈に合ったやり方で続けていくことが大事です。お店の存在を知ってもらい売上アップにつながるアイデアについて、いくつかご提案しました。


1.お客様のメリット
たいていのチラシは商品の種類や価格のみを羅列しています。しかし、それは売り手が言いたいことであり、必ずしも買い手が聞きたいことではないこともあります。お客様はどんな言葉に共感するのか、よく考えてみましょう。

2.他店との違い
他のお店とは何が違うのかがわからないと、お客様はより安いもの、自分の好きなものへ流れてしまいます。素材・原材料や製法、経験年数など、強みと差別化を見える形で示してください。

3.「動機づけ」のしくみ
競合のお店とご自身のお店とどちらも同じ質で同じ価格であった場合、あっちではなくこっちのお店に来たいと思わせる理由が「オファー」です。
「オファー」とは期間限定で値引きをするとか、2個買うと1個サービスとか、会員になると○○をプレゼントするといった、来店の「動機づけ」のしくみをつくることが大切です。

4.美味しさを表現する写真と文章
美味しそうに見せるにはチラシのデザインが重要です。特に食品に関してはご自身で撮ったものより、できればプロに依頼するのをお勧めします。また文章も大切です。商品の魅力や美味しさを表現している文章や写真を普段から集める努力をしましょう。

上記に加えて、ご自身のお店を印象づける(ブランディング)こと、親近感を演出する(人柄が伝わる、写真を使うと効果的)こと、口コミを入れる(情報発生力、信頼感向上)ことに気を配ることで、もっと魅力的な折込みチラシになってくるのではないでしょうか。


- CafeNote -