第13回ビジネスマッチ東北2018のご案内
2018.10.22


みなさん、こんにちは! 宮城県よろず支援拠点コーディネーターの鯨井文太郎です。

今日は、11月8日(木)に夢メッセみやぎで開催される、東北最大級のビジネス展示・商談会「第13回 ビジネスマッチ東北 2018」の紹介をさせていただきます。

「ビジネスマッチ東北」は2006年に初めて開催されてから、今回で13回目を迎えます。前回の「ビジネスマッチ東北2017」では、460企業・団体、461ブースが出展、個別商談会における商談件数が299件、展示会への総来場者数が7,315人と、東北の商談会の中では最大規模を誇ります。

また、「ビジネスマッチ東北」は出展社の満足度も高い傾向にあります。前回開催分の「ビジネスマッチ東北2017 開催報告書」では、以下のアンケート結果が記載されています。

Q. 出展しての感想
A. A出展して良かった    :84.1% 
B出展しない方が良かった :  0% 
Cどちらとも言えない   :14.5%

出展社の84.1%が「出展して良かった」と回答されています。

また、同アンケートのうち、来場者の来場目的とその結果について以下の通りとなっています。

Q. 来場目的(複数回答可)
A. ・製品購入のための資料・情報収集       :24.9%
  ・新しい製品、サービスを探すため       :40.4%
  ・新しい提携先、取引先を探すため       :31.2%
  ・関連業界の動向を知るため          :21.2%
  ・取引のある出展者との交流のため       :24.2%
  ・視察、研修の一環として           :27.0%
  ・学術機関プレゼンテーション         :1.8%
  ・東北経済産業局 知的財産室プレゼンテーション :0.7%
  ・東経連ビジネスセンター eEXPOの紹介   :1.2%
  ・次回の出店検討のため            :3.7%
  ・その他                   :7.6%


Q. 来場した結果(複数回答可)
  ・商談成立           :1.6%
  ・商談先がみつかった      :14.5%
  ・新規取引先が見つかった    :9.6%
  ・新製品・新技術の情報が得られた:55.0%
  ・産学連携が得られた      :4.7%
  ・新規時事業の参考になった   :28.9%
  ・その他            :3.1%

来場の目的として、製品購入や提携先・取引先に関する項目が上位にランクされています。また、来場した結果として、「商談成立」と「商談先がみつかった」を合計すると16.1%となり、商談に繋がることも期待できそうです。

残念ながら、今回の「第13回 ビジネスマッチ東北 2018」では出展の受付は締切となっているのですが、来場するだけでも何らかの成果は期待できそうですね。また、来年の出展を検討する方であれば参考になることでしょう。ちなみに入場無料、入場にかかる事前登録は不要です。

詳細は下記リンク先が参考になります。
http://www.bmtohoku.jp/

また、当拠点でもブースを設置いたします。工藤コーディネーターと佐藤コーディネーターが対応させて頂く予定です。

今回は、「第13回ビジネスマッチ東北2018」のご案内をさせていただきました。ここまでご覧頂きましてありがとうございました。

以上、鯨井がお伝えいたしました。


<筆者紹介>
鯨井文太郎。宮城県よろず支援拠点コーディネーター、中小企業診断士、金融検定協会認定ターンアラウンドマネージャー、金融検定協会認定 事業承継マネージャー。

- CafeNote -